声が変われば
人生が変わる

『あなたの声』だから感動が生まれる

自分超えを、自分の声で!!

184 views
約 1 分

 

Kyomei Projectから1週間・・・。
いやはや・・・凄まじい破壊力だったぜ・・・。
いまだに歌がグルグルしてます(笑)

 

で、そんななかでメンバーから
ちょいちょいと報告をいただいてます。

ちょこっとご紹介。
美希さんからですね。

 

【KP参加前】

あと数年で4度目の牛を迎えるので、それなりに紆余曲折はあって笑
精神のコトや身体と心のコトや在り方など、知識としては知っていた。
し、
それらを【対処的】に行っていた(ように思う)。

そうではなく、
【能動的】にわたしを表現したい!!そうするにはどうしたら良いのかわからなかった。

で、
KP参加により、歌うことをを通して、思いもよらない自分と出会ってしまった。

自分のことはなかなか自分では分からない、ってヤツですね笑

※一時はJupiter恐怖症になってたー!!

 

【KP参加後】

わたしが感じているコト、が、自分自身分かるようになった(*˘ᗜ˘*)♡
なので、自分の表現が生活の中でも自然にできるようになってる(*˘ᗜ˘*)♡

泣いたっていいじゃん
怒ったっていいじゃん
出来なくたっていいじゃん
嫌なら嫌って言えるよ
好きが増えたよ

効果効能は沢山ありますねぇ。

そもそもわたしの参加目的が、
自分超えだったので、超えるのを声で!!
、、、でした。

 

美希さんの参加の動機は

『自分の壁をぶっ壊す!』

でしたからね~。

 

 

ていうか、美希さんは募集する前から

『参加します!』

って言ってくれた人でした。

そのときまったく内容決まってないし、
練習日程も決まってないし、
つーか、参加費も決めてなかった(笑)

 

直感で決めたそうです。
もう最初からモチベーションがヤバい(笑)

 

 

で、最初の合宿で選曲してきたのが
平原綾香さんのJupiterだったのですが、
まぁ~~~、最初から飛ばしてましたね~。

 

具体的に言うと泣いてた( ゚д゚ )

 

すっごいなーと思ったのは
Jupiterのイメージがめちゃめちゃ鮮明だってこと。

 

私はレッスンの最初ではあんまり発声のことやらなくて、

 

『え、どんなイメージなんですか?』
『なに見えてます?』
『ここ、どういう音欲しいですか?』
『ってことは、どんな物語ですか?』

みたいな感じの話をするのですが、
それがスラスラ出てくる!!( ゚д゚ )

 

やべぇこの人((;゜д゜)ガクガクブルブル
って思いましたね(笑)

 

で、そういうイメージをさらに、
さらに鮮明にする練習をするわけです。
イメージの視覚化練習とか。

 

美希さんのJupiterの最初のイメージでは

 

星が世界樹(生命の樹)に振ってきて幼子が誕生する

 

っていうシーンになっていたりするそうですが、
こういうのを頭の中じゃなくて、
実際に『自分の眼』で見ているかのように
イメージを鮮明にする。

 

そういうワークをしたりしました。

 

まぁ~~~そうすると変わるのよ、声が。

 

部屋という『仕切られた空間』ではなく、
無限に広がり宇宙ともつながっている空間。

 

れを意識したときに、
声の粒子が一気に細かくなり、体に染みこんでくる。

 

なんか伝わってくる。

 

これがオモシロくてね~~~。

 

 

美希さんはこういうのがめっちゃ得意だったので、
そこをまずはガッツリ開いていただき、
そのあとはとにかく発声の基礎をやりました。

 

やったのは主に

・ため息声
・地声活性

ですね。

 

歌はじめてってこともあり、基本的には最初は息でしたね。

 

息の絶対量を増やす。
これが最初の命題でしたね。

 

 

ため息の声のまま歌うってヤツです。

 

 

息混じりの声で、
息をふんだんに、浪費するレベルで使って声を出す。

使ったら今度は思い切って吸う。

 

たったこれだけですが、
もうしつこいほどやりましたね~。

 

やっぱ息の絶対量が少なくなっちゃうんですよね。

いままでの声の出し方と全く違う
新しい体の使い方をインストールするんですから、
少々時間がかかります。

 

 

で、その次にやったのが地声。

 

とにかく地声を鳴らす。
ガッツリ鳴らす。

 

 

つーか、美希さんはもともと
かなり低くてカッコイイ声が出る体質でした。

 

しかし、その声を使ってなかった。

 

なので、使えるように訓練する、というよりは

『使えるじゃねーか!』

ってのを思い出す方向でしたね。

 

 

これが開花したのが
岩崎宏美さんの『聖母たちのララバイ』だったのですが、
まぁ~~、カッコイイ声出るようになったなぁ。

 

地声の覚醒のためにまぁ色々なことをしたのですが、
そのひとつが

 

ピアノを持ち上げる

 

っていうワークです。

 

 

重たいものを体幹使って
ぐぃぃーーーーっと持ち上げながら声を出すって練習です。

 

 

これ、1時間くらいやってたかなぁ。
その後の1ヶ月でめちゃめちゃやってたそうです。
すげー怪しい人になってる(笑)

 

けど、ガチで声は変わりましたね~~。

 

ナチュラルに太い地声が出るようになってくると
高音もめっちゃ伸びるようになって、
Jupiterも超魅力的になっていきました。

 

 

なにより、
想いと声が融合していったのが本当に素晴らしかったな~。

 

 

 

 

はじめてのステージ。
はじめての生伴奏つき演奏。

 

そんな状況でしたが、堂々と歌いきってくれました。

 

これな~。
生で聴くとマジでスゴかったですよ。
ホント、ライブっていい。

 

ほんのチョットだけ居たお客さんとかガチで泣きまくってました( ゚д゚ )

まぁ、美希さん自身も歌いながら泣いてましたけど(笑)

 

 

そして、メッセージにも書いてくれてますが、
いちばんの変化こそが

 

自分が自分になれた

 

というところ。

 

泣いたっていいじゃん
怒ったっていいじゃん
出来なくたっていいじゃん
嫌なら嫌って言えるよ
好きが増えたよ

 

これって本当に素敵だ。

 

 

『心の底から歌いたい!!』って思った曲を選び、

練習に練習を重ねて
生活でもいろんな困難を乗り越えて

『私を全力で表現する!!』

 

こんなのってなかなかない。

 

歌の素人だった人が、
本気で歌と向き合って、聴いている人を感動させる歌をうたい、

なにより、自分で自分の可能性に感動する。

 

 

自分の声で自分を超える。

 

 

そんな場になったのだとしたらこんなに嬉しいことはない。

 

 

私自身が美希さんの歌を聴けて、
その進化のプロセスも一緒に体験させてもらって
本当に嬉しかったです。

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

KYOMEI PROJECT 第1期の活動記録がこちら!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly