自分に還り、自分をきる

 

新月に寄せて

 

こんにちは、コウタローです。

今日の午前3時30分、新月を迎えました。

 

新月や満月は大きな影響力を持っていて、

 

新月はコトはじめ
満月は満了

 

というエネルギーを持っています。

 

例えば、種まきは新月にすると

植物の生長が非常に良くなるんですよ。

 

また、断捨離なんかは、

満月から新月に向かう時期にやると

非常に流れに乗りやすいです。

 

願い事なんかにも

新月は非常に適した日なんですよね。

 

こういう宇宙規模の大きな流れ、というのは

目には見えないけれど

大きな影響を私たちに与えているんです。

 

なぜ私はこの活動をしているのか?

 

今回の新月に向かっては、
私自身も大きな変化がありました。

 

それは
『なぜこの活動をやっているのか?』
という根本を問いただす
出来事が数多く起こったことです。

 

いま。私は声や歌のことを
発信したりレッスンしたりしています。

では・・・。

そもそもなぜ私は
この活動をしているのだろう?

私がこの活動を通じて
世界と分かち合っているのは何だろう・・・??

 

活動の原点

 

一言で云うと私の活動とは

『自分に還り、自分を生きる』

方法を伝えることです。

 

抑圧していた自分を解放して、
本当はどうしたいのかに気づき、
その声に従って生きる・・・。

 

それを声や歌うことを通じてやっているのです。

『自己解放』は私の人生で大きなテーマのひとつです。

私自身が『自分が分からなくて』悩み苦しんだから。

 

そしてそこから救ってくれたのは『声』と『歌』でした。
声と歌は私にとって無くてはならない大切なものなのです。

 

しかし、それは

歌が上手くなること』『美声になること』

が目的ではありません。

 

想いの真ん中に辿り着く

 

先日セッションに参加した

ミキさんからもらった
メッセージにはこうありました。
抜粋です。

 

(前略)

素の感情を出したいけど、出すのが怖い。
でも一回思いきって出しちゃったらどうてことない、
別に怖いこと起こらないみたいな。
人生と同じですね~

 

感情を込めて歌うってことの意味が
想像してたのと実際やってみたので
全然違っていてびっくりでした。

 

まさか自分が泣きながら
歌うことになるとは思わなかったです。

怒りのPIECE OF MY WISH は
自分の中でも強烈でした。

 

何かある毎に思い出してモヤモヤする場面を
歌に乗っける為に口で説明した後、
コータローさんにツッコミ入れられるまで
自分が怒ってたなんて知らなかったですもん。

 

でもお陰でお酒飲んで管をまいてみても
枕をタコ殴りにしてみても
いまいちリアリティーが持てずに触れなかった
想いの真ん中にやっと辿り着けた気がしました。

 

(後略)

想いの真ん中に辿り着く。

抑えていて自分でも気づかなかった
本当の感情を解放する。

 

これが『自分に還っていく』
ひとつのプロセスなんです。

 

このときの歌は本当に素晴らしかった。

 

荒削りで、ぜんぜん元歌とも違うけど、
ミキさんの歌だった。

生きている歌だった。

 

声の可能性

 

歌や声はダイレクトに
脳にアプローチできるんです。

 

脳はちょうど3000〜6000ヘルツ
くらいの周波数を浴びると
覚醒しやすいと言われていて、
響く声にはこの周波数帯域が多いのです。

 

そして、腹から声を出すことは
まさに全身運動であり肉体を活性化します。

 

そして、声は

感情と密接に関係する『横隔膜』も

大いに刺激します。

だから感情解放も活性化するんです。

 

声や歌で『感情解放』をしながら
『自分に還っていく』こと。

これが私のやっていることです。

 

感情解放だけでは出来なかったこと

 

じゃあ・・・。

 

声さえ出していれば・・・
歌ってさえいれば・・・
『自分に還れる』?

 

・・・そうではなかったんです。

 

それだけだと私は、
10年も20年もぐるぐる迷走していたのを
止められなかったんです。

 

確かに声や歌を通じて
自分の感覚を取りもどしていくと
『感情解放』されていきます。

 

自分の『本当の望み』(本願)が

出てきやすい状態になるんです。

 

けど、本当に大事なのは

ここからだったんです。

 

『感情解放された、その先で何がやりたい?』

『で、本当はどうしたいの?』

 

ここを腑に落としていくことが
同時に必要だったんですね。

 

で?本当は?

 

本当は絵を描きたかった。
本当は踊りたかった。
本当は家族と仲良くしたかった。
本当はパートナーが欲しかった。
本当は友達が欲しかった。
本当は・・・

 

ここに辿り着く方法はシンプルで
『で?本当は?』と問い続けること。

シンプルですが地味でけっこう根気が要ります。

 

そう言うと、

「どのくらいの頻度で問い続けるんですか?」
と聞かれたりしますが、

それは、毎瞬毎瞬です。

 

瞬間瞬間で自分が何を望んでいるのか?
どう感じているのか?を感じ、
それを実現させていく。

自分自身の感覚と仲良くなっていく。

 

するとあるタイミングで
フッと本当の望みが湧いてきたりします。

 

『本当に望んでいること』(本願)は

わりとシンプルなことが多いです。

 

そして、分かると
凄まじくエネルギーアップします。

人格が変わったかのように
生き生きし出す人も多いです。

 

そして、意外なことに

やればやるほど

 

『やっぱり・・・!!』

 

という感想が出てきます。

シックリくるんです。

 

『ああ、自分はそうだった』
『これでいいんだ』

 

って。

 

本願が叶うためには?

 

願っているだけでは叶わない。。。
良く言われることですよね。

でも、やっぱりそれはそうで、
やはり『行動』は必要。

 

『行動』してはじめて
現実が変わるとは耳タコですが、
確かにその通りなんです・・・が。

 

『じゃあ、、、何をすればいいの?』

ここでつまづいちゃうんですよね。

 

感情が解放されてきた。
本当の望みも分かってきた。
けど、何をすればいいか分からない。

これ、地味にキツいです。

 

目指している世界が見えているだけに
到達できそうもないと感じると
マジで絶望しそうになります。

 

『行動』しないと現実は変わらない。
そんなことわかってるよ!!

でも出来ない・・・。

 

こんなときに必要なのが
ツマンナイと感じるような、
地味〜〜〜〜な具体的な一歩でした。

 

第一歩のハードルが
高すぎる場合は多いです。

 

曖昧なのも
動けない原因になってることが
多いですね。

 

超絶ハードル下げる、
それ、意味なくね?
と思うレベルまで下げる。

すると見えてくる世界、あります。

 

自分に還るプロセスまとめ

 

『感情解放』『本願』『行動』は
セットなんですよね。

    感情解放
    / \
  /     \
本願ーーーーーーー行動

 

『感情解放』することで

自分の本当に望んでいることが
出て来やすくなる。

 

そのための具体的な一歩を踏み出す。

『行動』した結果現実が変わり、
『本願』が深く入る。

 

『行動』していると必ず

新たな悩み苦しみが湧くので、

それを感じきって

また『感情解放』する。

 

切っても切れないんです。

 

『感情解放』だけだと、

浮き沈みが激しくなっちゃう。

 

『本願』だけだと、

漠然としてて動き出せない。

 

『行動』だけだと、

望まない場所に早く辿り着く。

 

逆に、

これらがかけ合わさったとき、
共鳴したときのエネルギー!!
これが本当に素晴らしい。

 

そしてそれは、誰にでも

必ずあるエネルギーなんです。

 

自分に還り、自分をきる

 

誰にでも『私の生きてるって感じはこれだ!』という感覚があるはずです。

その想いのど真ん中に還ってきて思うことは『ああ、やっぱりね』というものだったりします。

もともと持っているのです。

私はその方法を『声』や『歌』を通じてお伝えしています。

 

これまで私のメルマガやイベントや個人セッションに参加してくださった方の動機はさまざまでした。

 

『美声になりたい』『歌が上達したい』『自分の声を見つけたい』という方

『感情解放したい』『想いを伝えたい』『自信をつけたい』という方

『本当にやりたいことを見つけたい』『じぶん仕事で生きていきたい』という方

 

動機はさまざまですが、共通しているのは

『自分らしく生きたい』

という願いです。

 

これは私自身のテーマでもあります。

いまは、過去に悩み苦しんだ体験も

このテーマを深めるためだったと感じています。

 

そして、私は

『声』で絶望し、『声』に救れるという

経験をしてきました。

 

だから私は『自分らしさ』へ至るために

『声』をとても大切にしています。

 

もともとは歌の上達のために始めましたが、

活動を続けるうちに気づいたのは、

『声』と『生き方』が密接に関係していること。 

 

声はもう一人のあなたであり、

心の声、魂の声とも深く深くつながっています。

 

『声』との対話を通じて、

 

本当はどう思ってるのか?

本当はどう感じているのか?

本当はどうしたいのか?

 

それに気づいていくサポートをしていきます。

 

 

いただいた声のご紹介

 

自信がないとかどうでもよくなっちゃいました

ひろみさん(ヨガスクール生:対面セッション)

 

今日はありがとうございました!
感想は、大きな驚きです。
ただ、ただ驚きです。
 
倍音の多さや声の破壊力など
まるで自分の事ではないみたいでした。
 
諦めてください。
とコウタローさんに言われた事が
意外にデカイのだと感じでいます。
 
今までの自分を振り返ると
私なんて、、、と思うのが癖だったり
自信が持てないと
よく言っていたり。。。
っていうのに最近気付き、
そこを、そうは思わない様な生き方や気持ちを開けるよう
意識していましたが!
 
今日、セッションを受けて
そこの意識が、、、、
だから何だ!って思いになり。
自信がないとか
ちょっと、どうでもよくなっちゃいました。。。。
 
意外な事に
私のパワーは、スゴイみたいで
その凄さを表に出さないなんて、もったいないですよね!
出さないまま死んでしまうのも嫌なので
諦めて、自分のパワーを自分で確信したいです。
 
あと心の中で感じている
今の感想は
 
とても満たされている。
 
です。
 
またセッションお願いします(^^)

 

▶記事はこちら

自分の中の何かを燃やしながら歌う感覚

まさとしさん(声楽でアメリカ留学中:スカイプセッション)

 

コウタローさん、

お返事が大変遅くなってしまって、ごめんなさい。

 

実はレッスンの数日後、
8日間の声楽アンサンブルのワークショップに参加していて、
ゆっくりレッスンの感想や、
その後の様子を書くことができませんでした。

 

レッスンのすぐ後に、基本一人(か二人)で
一パートを歌うワークショップに参加したのは面白い経験でした。

 

他のパートと合わせようとか、
次の高音を当てようとか
まず考えると声が出なくなるのに、

レッスンを思い出して次の音に全力をつぎ込もうと考えると、
声が楽に出る。

そしてその方が他のパートとよく混じる。

 

また、ベース1を歌ったり、ベース2を歌ったり、
曲によってパートを行き来したんですけど、
よく響く音域が高い方にも
低い方にも広がった気がします。

 

高い音域が前より滑らかに出るようになったし、
低音に前より芯と響きが出てきました。

 

テクニック的に
何かを変えたわけではないのに
不思議ですよね。

 

ちょっと繰り返しになりますけど、
興味深いのは、

例えば少しうまくいかなかった時に、
「あ、ダメだった」って思って
テクニック的に直そうとすると、
途端に以前の声に戻ったことです。

 

コウタローさんが、一音に全力を込めるのは
すごく疲れると言ってましたけど、
確かに自分の中の何かを燃やしながら
歌ってるような感覚が最近あります。

 

そしてそういう風に歌った後は、
何だか細かいことが
どうでもよくなってくる気がします。

 

歌だけじゃなくて、
自分の中の迷いとか、
自分の生き方と他の人の評価とか。

 

「自分がそこに全力を注いでいるか」
が一番大事なのかもしれませんね。

 

レッスンでの「紙一重」
を越えているとはまだ思えませんけど、
自分の声について何をすればいいのか
方向は見えてきた気がします。

 

以前のように
毎日声がちゃんとでるか不安で、
声の調子に振り回されたり、
長時間練習室にこもったり(贅沢な話ですけど)
しなくても大丈夫だ、という安心感というか
自信みたいなものが少し出てきた気もします。

 

引き続き経過を報告したいと思います。
何だかよく分からなくなってきたら、
またレッスンをお願いすると思います。

 

また、おそらく近いうちに帰国して
日本で活動を始めるので、
合唱つながりで何か
ご一緒することになるかもしれませんね。
その時はよろしくお願いします。

 

▶記事はこちら

私この声で自信持って生きるわ

あゆみさん(スカイプセッション:5ヶ月後の報告)

コウタローさん、お久しぶりです。
声が宝塚風←笑)の森です。
覚えていますでしょうか?

 

最近地声を出す。
を優先的に意識して
声を出す様にしています。

 

お陰様でまた初対面の人に言われる様になりました。

「森さんって顔や雰囲気のイメージと違って声低いね!!」

 

でも言われているコッチの考えている事は、
前と少し違って、

あ〜、やっぱり恐い?この声?ではなく、

 

せやろ、かっこいいでしょ??です。ニッコリ

私この声で自信持って生きるようにするわ‼︎!
自己肯定するわ‼︎!

 

に、最近になって参りました。

 

(中略)

 

コウタローさんのメルマガに、
声がハスキーで悩んでらっしゃる方の文章を読んで、
あー、分かる。気持ち分かるでした。

 

それでフとキッカケを頂いた気がして、
自分の心境の文章を送ろうかと。

 

自分の声は自分しか出せないと思うようになると、
声って凄いな。と。
大事にしなきゃなー。と思うようになりました。

 

最近カラオケでガンガン喉痛めるとか、
喉に力入ってんなとか
あまり考えずに歌うようにしてます。

それで改めて思いました。私声低い!!←
そして

 

でもいいか!!

曲のキーが高かったら、
キー、ガンガン下げて歌おうって!!←

 

歌歌うの本当に楽しいですね。
録音したビデオをギガファイルで送ります。最近こんな感じで歌ってます。
楽しい歌ライフをありがとうございます。

 

▶記事はこちら

「楽して稼いでいい」感がじわじわとみなぎってきています

はねゆうさん(スカイプセッション)

 

コウタローさま

 

あれから、すっかり脱力して
「なーんだ、ただハマりものにハマっておけばいいのか〜」と
一段とハマりもの生活を送っていて
メールすら読んでいませんでした(笑

 

実はセッションのときから現在も、

転職中の谷間で、今週いっぱいまでガチニートです。
いまラストニート週間を満喫してます。

 

ダメ人間生活を満喫しまくったら
ここ2、3日でようやくエンジンがかかってきて

 

昨日ようやく、まぐまぐで
どうでもい〜内容のメルマガ発行を申請しました。
しばらく放置してたブログも再整備はじめました。
そこでやっとメールに気づきました(笑

 

◎セッションを利用しようと思った理由
Q.なぜ利用しようと思われましたか?

 

自分の声質についてずっと気になっていて、
レッスンも受けて講師資格までとったけれど
まだ自分の声と仲直りしきれていないモヤモヤがあった中で
コウタローさんのブログに行きあたり、
「これは気になる!」と思って即申し込みました。

 

◎利用していかがでしたか?
(セッション前・セッション中・セッション後)

 

レッスン前:
考えをまとめておこうとすればするほどツボにはまって

かえって頭のなかごちゃごちゃして、セッション直前は
かなり不安な気持ちでした。グダグダになったらどうしよう?とか。

 

レッスン中:
質問に答え始めたときは「だめだ、なんかまとまらない!」って

ちょっと焦ってきたけれど、方向転換したとたん、思わぬ方向に行って
終わりの方には「このセッションそもそもなんだっけ?笑」
ぐらいな不思議な感じになってきました。

 

レッスン後:
なんとも形容しがたいんですけど、思考回路というか

いろんな「そもそも」が変わった気がしてならないです。
なにがどなったのかよく説明できないのが残念です。
ただただ、悩む必要がなくなってしまって困ったというか(笑

 

◎セッション後、どんな変化がありましたか?
(周りの反応から変化に気づく場合もあります)

 

セッション前も後も、ツイッターばっかりやってたのですが、
favやフォローが急に増え始めました。(本当にセッション直後から!)

 

そのあたりの反応から、

自分的には「それぐらい大したことない」と思ってたことが

「あ、それ人からみたらありがたいんだ?」という感じが
見えるようになってきました。

 

「意味ない遊びに熱中してると人が集まる」って

こういう感じかな〜?」っていうのが

ぼんやり感じられるようになりました。

 

そして前より、人目を気にしなくなった感がでてきました。

これまでも気にしていなかったつもりでしたけど、
実は結構、人の目線基準だったんだなー、と気づけるようになりました。

そこらへんにつられて、今までスルーしてきてたかもしれない
自分の萌えポイントがさらに見えて気がします。

けっこう変態かも(笑

で、これがまた不思議なんですが、
「練習」などしないで萌え事項にハマりまくってたら、
そこからなぜか過去のわだかまりみたいのが
消えてきた感じがあります。

さらに言うと、「楽して稼いでいい」感が
じわじわとみなぎってきています。

 

いままで字面ではそういうの読んでましたけど、
「なんかホントかも」って気がしてきました。

 

もう、日本とアメリカを半々で過ごす生活が
根拠もないのに視野に入っています。
(USAカーナビと銀行口座はもう持ってますけど)

 

といいますか、セッションの申し込み理由が
ほんとにどうでもよくなってしまいました(笑
いったい何のセッションだったんでしょう?

 

◎ほかのひとに勧めるとしたら、どつうたえますか?
あるいは、どんな人にこのセッションは役立ちますか?

いろいろ練習したり学んだりしまくってるのに
頭打ち感がある人にぜひ。
「いや、ポイントは実はそこじゃないから!」と言いたい。
びっくりするほど違う場所だったりするから!!!

 

◎「コウタロー」はどういう人でしたか?

ブログで拝見していた以上に「感染力」が高いです。
気がつくと、ふわっと「あ、そうなんだ」と
新たな思考回路にポンと置き換えるナニカがあると感じました。

 

▶記事はこちら

 

 

師匠が示してくれた『その先』の世界

 

声の師匠について学び始めたとき、

私はそれまでの発声法を捨て去ることが
なかなかできませんでした。

 

人生において
それだけのエネルギーを注いだことが
他に無かったからこそ、

そこにすがっていたのです。

 

捨てるなんてとんでもない!
捨ててしまったら自分には何も無くなる!

 

その恐怖で手放せないでいたのです。

 

一方で
『一生このままなんて嫌だ!』
『この先に何かがある気がする・・・』
という予感もあったのです。

 

なぜその予感を信じられたかというと、
師匠が常に
『その先』を示し続けてくれた

からです。

 

いま現在がどういう状態かは関係なく、
続けていくことで開かれるであろう可能性。

 

そして、可能性がひらいた
その先の世界の音、響き。

そこを常に見せてくれていたからです。

 

正直私は劣等生でした。
なかなか自分のやり方を
捨てることができなかったし、
変化も遅かった。

 

ただ、続けているうちに
ドンドンと自分自身が深まっていった。

 

1年半経つ頃には
師匠と一緒にステージに立つ
機会まで得ることができたのです。

 

たった5分ほど。
しかも私はシンプルなフレーズを
同じように延々と繰り返すだけ。

同じことを100回やっても100回成功させる。

 

これがいかにムズカシイことであるかを
ここではじめて体験しました。

 

シンプルだからこそ、
その人の全てが現れる。

 

嘘やごまかしが一切通用しない世界。
自分の生き方がすべて晒されるような感覚。

 

怖かった。

でもなんとかやり切れた・・・。
深い安堵と自信が生まれたことを覚えています。

 

・・・

・・・

・・・

 

いま、私は声について発信し、
オンラインやリアルの機会を通じて
全国の方とセッションしています。

 

私のセッションはシンプルなことを
徹底的に行っています。

 

しかし、シンプルだからこそ
本質がえぐり出されます。

 

私は『声とはその人の在り方』だと思っています。

 

そして、師匠が私に示してくれたように

『いまの状態は関係が無い』

のです。

 

だから私も
『その先の響き』
を示していきたい。

 

声を通じて自分自身とより深く対話して、
より豊かな人生を創る人が増えてほしい。

 

そう思って
日々声と向き合っています。

 

それでは、お会いできるのを楽しみしています!

ありがとうございました。

 

コウタロー