くちびるに歌を!心に太陽を!

Singer Song Lighter

声に自分の人生を乗せて歌い、
自分の心にも
周りの人の心にも
光を灯せるような歌い手。

2017年11月25〜26日@富士山

 

ありったけを歌に込める!
一心不乱に歌う!
全力出す!
本気で歌う!
気づいたら泣いてた!
聞いてる人が号泣!

 

そして

 

『自分の歌でボロボロ泣いちゃう』
『誰かに歌で想いを届けたい』
『魂で歌う』

 

そんな歌い手

Singer Song Lighter

 

本気でなりたい人のための歌合宿です

 

 

 

ギタリストが・・・また来た!!

 

 

前回の合宿では初の試みだった生ギターとの共演!

これ、最高!!

毎回灰になるほど燃え尽きる合宿ですが、前回も本当にすごかった・・・。

あ、違った(笑)

いや、違わないけど(笑)

 

榊原さんのギターが寄り添ってくれることで、

本当に素晴らしい化学変化が起きるのです。

 

技術はもちろん高いです。

伴奏のアレンジや技術はもちろん素晴らしいのですが、

それよりも驚くのは、歌い手の心の深いところと共鳴する

繊細で精妙な機微を感受して引き出してくれるところ。

 

それは自分の本当の想いと歌をつなぐ架け橋のようでした。

『本当の想い』に気づいたときこそ、感動が生まれるのかもしれません。

 

特に前回圧巻だったが二日目の午後イチでした。

 さーて最後だーってことで『人生を歌に込めるワーク』をしたのです。

 

歌詞の中でいちばん自分が共鳴するところを切り口にして、

 

・なぜこの歌詞なのか?
・どんなイメージなのか?
・自分の過去の経験では『いつのどの時』なのか?
・五感ではどう感じているのか?
・感情はどうなのか?

 

などなどを深めていくのです。 

このワーク、想像以上に強烈です。

 

合宿では『心の底から歌いたい!』と思った曲を選ぶことになってるんですが、

その設定で選んでる時点で意識してるしてないにかかわらず『何かある』んですよね〜。

 

この時は、私が質問を投げかけて、
それに対して湧いてきたものをキャッチして出してもらったんですが、

なんとBGM付き!!

 

しかも自分がこれから歌おうとしている曲が
子守歌のようにかすかに演奏されている・・・。

これが染みるのよ。。。

 

自分の内面に深く深くダイブしていくと
いままで頭で考えていたこととは全く違う想いが飛び出してきます。

 

『喜びを表現したいと思って選んだ曲から、
未消化の悲しさが出てきたり』

 

『友達への応援歌を、と思っていたのに、
実は自分の魂から自分への叱咤激励だったり』

 

『家族への想いを歌おうとしてたのに、
実は『小さい自分』を抱きしめるための歌だったり』

 

『゚えっ・・・?』という気づき。

 

そして、その湧いてくる想いのままおもむろにギターの前奏。

そして、歌。

 

そこにいるのは、
ほんの数分前の人とは別人のよう。

 

出てくるのは、そんなキレイな感情じゃないんですよ。

 

長年フタをし続けたり、
無視し続けたり、
囚われ続けていたり、

20年も30年も40年も抱えていた心。

 

それが顔を出す。

 

自分の醜さや情けなさ、
悲しさ悔しさ怒り、

そしてその先の喜び。

 

ああ、なんてグチャグチャで
美しいのだろうか。

 

このワークの後の惨状たるや・・・。

椅子や壁にもたれかかって うつろな表情で ボーッとしたり・・・。

し、死んでる・・・?!(笑)

あしたのジョーかよっていう。

 

ほかにも外に散歩瞑想に行って 行き先不明になる人とか。

だいたいにして もうすぐ本番だーってことで、

追い込みの時間のはずなのに誰も歌ってねぇぇーーーーー( ゚д゚ ) みたいな。

 

そんなこんなで 最終演奏を迎えたわけです。

まぁ〜、ここまでやっているとこの最後の歌で何も起こらないはずがない。

案の定、エライもんが飛び出したぁー!!

 

今回MVPの人なんて参加してた女性6名、全員泣かしてましたからね( ゚д゚ )

 

女泣かせライブ!! (歌ってる本人も泣いてたけど。 最初、鼻づまりか?とか思ってたら・・・)

号泣だよ!! ティッシュが回ってるよ!!

 

「私はこのためにティッシュを持って来たんだ・・・」

とか意味不明な悟りにいたる人まで出現(笑)

 

この人が選んだ曲は 小田和正さんの 『たしかなこと』 でした。

この歌詞にはこうあります。  

 

雨上がりの空を見ていた 通り過ぎてゆく人の中で哀しみは絶えないから

小さな幸せに 気づかないんだろ時を越えて君を愛せるか ほんとうに君を守れるか

空を見て考えてた 君のために 今何ができるか

忘れないで どんな時も きっとそばにいるから

そのために僕らは この場所で 同じ風に吹かれて 同じ時を生きてるんだ

自分のこと大切にして 誰かのこと そっと想うみたいに

切ないとき ひとりでいないで 遠く 遠く離れていかないで

 

最初、Dさんはこの歌を 妻のため、家族のために 歌おうと思っていました。

けど、なにかしっくりこない。

 

そして、曲から湧いてくる 過去のエピソード、その時の五感、感情・・・。

本当はどう感じていたのか?

本当はどうして欲しかったのか?

 

深く対話していったときに 出てきたのは、

幼い自分への想いだった。

 

この曲の『君』って、 実は『小さな僕』だったんだ。

そう気づいたとき、 すべてが変わった。

 

Dさんから後でもらった メッセージには こう書いてありました。

コウタローさんが書いてくれたように、

午後の歌詞読個人セッションしたときに

歌詞を読みながら 「君」→「(小さな)僕」 と読み替えて

この曲は「自分の歌」であるとことに気付き、

奇妙なことに、その瞬間から

歌詞の一句一句が こころを打つものと変わっていった。

 

その気づきをDさんは、他のメンバーには まったく伝えていませんでした。

Dさんはただ その想いを胸に歌った。

それは、伝わり、こころを震わせ 共鳴を起こす。

 

たった4分ほどの時間にこれまでの人生が 凝縮されているような・・・。

そんな輝きがありました。

なんて満ち足りた 言葉にならない感動だったろう・・・

 

声の進化はもちろん素晴らしかったですよ。

本来のチカラが出りゃ、そりゃあ声も出る。

普段から抑えてるだけだもん。

 

でも、そこじゃねぇぇーーーー!!!

 

心が入り、魂に火がついたとき。

そのエネルギーの輝きはハンパねーよ?

 

 

合宿で目指すこと・・・!!

 

 

 

あなたの歌『だから』聴きたい・・・!!

 

いくら声が立派になっても想いが乗ってない歌はハリボテ。

自分のすべてを乗っけて歌ったときに起きる感動共鳴!

人生を歌に乗せる!

これがやりたくてやってんのよ、歌を。

 

合宿でもっとも重要な練習こそ、『歌詞と人生をつなげるワーク』です。

 

歌詞を読んでイメージするってのは誰でもやってると思うんですが、
それが濃ければ濃いほど、臨場感が溢れれば溢れるほど、、、

歌のエネルギーがガツンと上がります。

 

やる前とやった後で声の表情が全く違う。

別に声自体が急に良くなるわけじゃ無いんですよ。

むしろ不安定になったりする。

 

けど、イイのよ!!
ぜんぜん魅力的。

第一声から違う。
つーか、歌いはじまる前から違う。

 

歌詞を読んでイメージしてる人はいるかと思うんですが、
多くの場合はちょっとボンヤリしていて曖昧なことが多いです。

 

なんとな〜く『嬉しい感じ』『悲しい感じ』『暖かい感じ』『包まれてる感じ』

みたいにすごく漠然としてる。

そこをもっともっと踏み込む!!

 

それも、超超超超具体的な自分のエピソードからイメージワークするんです。

借りものじゃ無い、誰かのまねごとじゃない、自分だけのストーリーを乗せる。

 

例えば、これまでの人生で、

最高だった瞬間、何ものにも変えがたい時、お世話になった人、何かをやり遂げた時、すべてを忘れて没頭していた時などなど・・・

 

自分の『あぁ本当に良かったな!』をかき集め、

一つ一つについて五感と感情を使って追体験するレベルで
リアルに『いま』感じる。

 

最初は膨大な時間がかかりますが、こういうのを一つ一つ丁寧にイメージする。

そうすると歌に命が宿ってくる。

 

誰かから聞いた話ではなく、映画や小節の話でもなく・・・

実際に自分が体験してきたストーリーだからこそ、

『自分だけのエネルギー』がこもります。

 

そしたら全っ然違うのよ!!
歌が『生きてる』!!

 

声そのものだってすげー魅力的になる。

 

 

発声のことなんか考えてられない! 

 

心を込めて歌うときに発声法のことなんか考えてられない!!

だからこそ、初日にガッツリと発声の土台を強固にする練習します。

 

20年かけて研究してきた発声法のエッセンスを凝縮して伝授します。

 

・勝手に声が出てしまうベルヌーイ発声法

・低音高音覚醒ワーク

・音程安定化の奥義

 

発声そのものにかけるエネルギーロスを極限まで減らし

表現することに没頭するために開発した発声法です。

この発声法を体得し、自動化レベルに持っていきましょう。

 

歌うときは『勝手に活きる』って信頼してすべて忘れる!
自分を表現するコトに没頭する!!

 

ホント、これができるから合宿はたまらん。

 

 

 

合宿概要

 

日程

日  程:2017年11月25日(土)〜26日(日)
集合時間:12時半ころ富士山駅に迎え行きます
解散時間:26日16〜17時ころ富士山駅まで送ります

 

富士山駅へのアクセスはこちら

 

スケジュール

11月25日(土)
12時半ころお迎え(富士山駅 or 富士急ハイランド)

北口本宮浅間神社へ参拝

14時ころから練習開始
・発声セミナー
・課題曲ビフォー録音会
・自主練
・個人レッスン

18時頃夕食(コウタロー絶賛の方に依頼)

19時頃練習再開
・声の瞑想会
・各自練習

22時練習終わり(終了後、有志で座談会)

 

11月26日(日)
9時練習開始
・各自練習
・課題曲中間成果録音会

12時頃昼食

13時練習再開
・各自練習
・課題曲アフター録音会

15時すぎ終了

16時ころ送迎(または残る人で座談会)

 

合宿でやること

・課題曲のビフォーアフター録音
・各種発声レッスン
・各種カラダチューニング
・個人レッスン
・自主練(質問いつでもOK!)
・その他歌に役立つものなら何でも(ヒビキアワセもしますー)

 

 

▲大空間に声を響かせよう

 

▲参拝して合宿への意識を高める

 

▲ギターと合わせながら練習

 

▲晴れていれば朝イチワークは富士山を臨んで

 

▲コウタロー絶賛の方に夕食は出してもらおうかな、と

 

▲2017年9月合宿メンバー|濃密な二日間を過ごした仲間たちと

 

 

 

参加費用

参加費用は5万円です。

参加確定後、メンバー専用メッセンジャーグループにご招待します。

宿泊先などもそこでご相談ください(1泊3千円程度あります)。

 

 

 

 

 

 

参加者の感想
(ミキさん)

 

 

先日の合宿ありがとうございました。
少し時間がたってやっと体験が整理出来てきて感想が浮かんで来たので送らせて貰います。

 

なんとなく思い付きで東京での歌セミナーに申し込んで、その場での体験が興味深くて今回の合宿に参加しました。

 

自分の声をもっと知りたい、って取り繕うのを辞めた生の自分をもっと見たいって思ったような気がします。

 

先ずは自分らしさを表す地声を響かせる。これ普段と逆の意識でウケました。

 

普段は
TPO に合わせて声のボリュームを変えて
相手に心地よいように
周囲の迷惑にならないように …

 

でも今回は
心地よくなくて喧しい声がいい
怖い声で、腹の底からドスを利かせた声がいい
えげつなさ最高!

 

全部普段と逆でした。

 

調節しなくていいってことが嬉しいけど、怖くもありました。
素の感情を出したいけど、出すのが怖い。

でも一回思いきって出しちゃったらどうてことない、別に怖いこと起こらないみたいな。

人生と同じですね~

 

感情を込めて歌うってことの意味が想像してたのと実際やってみたので全然違っていてびっくりでした。
まさか自分が泣きながら歌うことになるとは思わなかったです。

 

怒りのPIECE OF MY WISH は自分の中でも強烈でした。

何かある毎に思い出してモヤモヤする場面を歌に乗っける為に口で説明した後、コータローさんにツッコミ入れられるまで自分が怒ってたなんて知らなかったですもん。

 

でもお陰でお酒飲んで管をまいてみても枕をタコ殴りにしてみてもいまいちリアリティーが持てずに触れなかった想いの真ん中にやっと辿り着けた気がしました。

 

ありがとうございました。

 

あとアケミさんの最後の歌が聴けたことがスゴいギフトでした。

かさとドキドキがまだ胸に残ってます。何だかとても勇気づけられました。

 

一緒に参加するメンバーにも意味があるというか、その人が持ってきてくれるギフトがあるんだなぁってセミナーでも合宿でも感じました。

あのメンバーだから出来た体験…あれ?すごいこと発見したつもりなのに言葉にするとありきたりですね(笑)

あたり前になのかな

 

だから参加者同士の発声のペアワークみたいのあったらもっとこの縁にふれ合えるのかなぁって思いました。

 

何はともあれ今回はスゴく貴重な体験させてくれたことに感謝です。ありがとうございました。
これからも声を通じて自分と向き合っていくのでまたこんな機会があったら参加したいと思います。

 

ミキ

 

 

参加者の感想
(榊原さん)

 

 

コウタローさん
こんばんは!榊原です。

昨日、今日と本当にお疲れさまでした!
そして何よりありがとうございました!!
ものすごくいい経験ができて感謝しています。

 

結局バスが渋滞して2時間も遅れて、先ほど家に到着しました。
バスの中では最初にアップしてくれていた動画を見ながら帰路につきました。
こういったマメで細かな気配りができるところがさすがだなと感服いたします。

 

参加する当初は楽しみもありましたが、やはり不安的要素も多く、
参加したこと自体やっちまったんじゃないかとと思ってもいたんですが(笑)
まあ別に恥をかくくらいで、死に はしないし、恥をかくなら人生早めのがいいだろうと
開き直りました(笑)
(よくよく考えればみんな何かしらボイトレで悩んでるわけですからそんなことは
ないんですけど(笑))

 

結果的には本当に参加して良かったです!!
参加しなければずっとわからないで(というかわかったつもりで)いたことが
多々あったと思いますし、自分では間違ってると思ったことも実はいいのか!
ということがあったりと発見の連続でした。

 

心に残ってることで羅列すれば多々あるのですが、
印象的だったのが3つありました。

 

1つ目は
最初に出会ったときに、みんな声でけーなとか思いました(笑)
帰るころには 僕も同じくらいのでかさになれてた気がするのでマインド的にも
変われたかな?とか思います。

 

2つ目は
明るい響きを小さな声で練習してるときに
裏返ったりかすれたりして、自分的にはダメダメだな~とか思ってるところに
コウタローさんがやってきて、良くなってきてますねと言ってもらえて
え??これでいいのか!ということでした。
自分1人でやっていたらあそこはダメだと思ってまたループにはまっていたと思います。
あそこでイイと言ってもらえたことが、今すこし芯のある声が何かということが
わかったキッカケに繋がりました。

 

そして3つ目は
歌にこだわり続ければ聴いてくれるお客さんが変わってくるんだという話を
してくれたことです。
他の誰でもなく、その人が歌うからその人を観に来てくれる。
そういう歌い方をしていれば、お客さんにもそれが伝わるという話を
聞けたとき、なんだか未来が開けたような気がしました。

 

色々と書くとキリがないので、一応これくらいにしてまた何かあったら
連絡したいと思います。

まだまだ完成の域には達していないので、これからも自分で
突き詰めていきたいと思っています。

 

取り急ぎ連絡しましたが、ほんとに実のある2日間でした。

これからもまたよろしくお願いします!

それではありがとうございました!

 

 

参加者の感想
(のりpさん)

 

 

おはようございます、コウタローさん!

のりpですヾ(≧▽≦)ノ

昨日は帰宅してからボーッとしてて、二つ持ってた

ICレコーダーのうちの一つを洗濯してしまい、おジャンにしてしまいました。。笑

でも、合宿の録音をしといた方は無事だったので、良かった!☆

 

中略

 

・・・(海上勤務のダンナが現在海の上なので。。)

ここまでして自分の為だけに時間を使っていいのだろうか?と

参加キャンセルにしようか迷ったりもしました。

 

けど、やっぱり合宿参加して良かった! 参加できて良かった!

 

今回、歌だけではなく「自分」と向き合うことになるだろうと覚悟していましたが、
一日目、グラウンドで少年野球の千本ノックを見ていたら、

「あー、そう言えば、子供の頃あんな自分もいたよなぁ」と思い出しました。

 

私は、自分で言うのもなんですが、何においてもソツなくこなすことができます。
学生の頃の勉強にしても、仕事にしても、歌にしても。
その昔は体格もスマートでしたので、それなりにモテましたしねー。笑
そんなんで、特に苦労しなくてもある程度はできてしまうので、

なんとなくその場をやり過ごすことでここまで来てしまったかな、と。

 

あえて自分も努力する、というか深く追及することもなく、

のほほんとしている間に、地道に努力をしている人達に抜かされて来てしまった。
でも、「ま、いっかー、中の上にいれば」みたいな。 わかります?笑

 

だから、今回の合宿でもそれなりに準備はしていましたが、

原曲を何回も聞いて、と言っても聞き流しするくらいで、
歌も数回歌うくらい、それで自分では準備したつもりでいたけれど、

本当は何も「準備」してなかった。

 

「ま、こんなんで、いいっしょ。後は、合宿でやれば。だってその為の合宿じゃん。」て。

 

千本ノックで、なりふり構わず、ただボールを追うことで、

無意識の中で限界超えしてる少年見てたら、
そんな自分の人生を振り返ることができました。

 

そして、この度の合宿でのメンバーそれぞれの歌に向き合う姿勢を間近に感じながら、

それをサポートするコウタローさんと。

榊原さんの「みなさんに感謝です」と言って歌った姿に、たぶん気づかされたのだと思う。

今までソツなくこなして来た自分だと思っていたけれど、

今まで関わってきた周りの人達がいなければそれも成り立たなかっただろうことを。
だから泣けてきたのかも。。

 

とりあえず、合宿に参加した今の心境をシェアさせてもらいました。

こちらこそ得るものかなりあり過ぎで、この合宿に参加させてもらって本当に良かった。
ありがとうございました。

 

 

 

あなたはいま舞台の上で歌っています

 

 

悩みもなく、

恐れもなく、
恥ずかしさもなく、
飾ることもなく、

 

ありのままの自分を
ありったけの自分を
すべてさらけ出して歌っている

 

自分が限界だと思っていたところをあっさりと超えて、
ナニカに突き動かされるような腹の底からの湧き上がるエネルギー

 

そして歌っているのは自分だけじゃない
聞いてくれている人たちもともに歌を響かせてくれている

 

これまでの人生
過去の自分が紡いできた物語

 

これからの人生
未来の自分が紡ぐであろうストーリー

 

自分がいまこの瞬間にすべてある

 

 

そして、

 

歌い終わった後の圧倒的な静寂・余韻

 

耳には聞こえなくなった音がその場にまだ響いている

 

体に残って魂を震わせている・・・

 

 

そんな歌。

 

 

 

本気は楽しい

 

 

学校の部活とかでガッツリ活動した人はイメージできると思いますが、
私の中で『合宿』って定期演奏会のときのような感覚が近いです。

 

仲間とさんざん練習してきた時間、
半年から1年をかけて練り上げたもの、
そのすべてをたった数十分の演奏会に凝縮する。

 

そのエネルギーたるや・・・!!
こんな幸せな瞬間、なかなかないです。

 

ハッキリ言って、辛いことあると思います。
上手く行かなくて悩むことあると思います。
自分に絶望することもあるかもしれません。

 

それは本気だからこそです。

 

本気出すのは怖いんですよ。
自分の底が見えちゃいそうで。
言い訳できなくなっちゃうから。

 

でも、そこを乗り越えたとき、何かが変わるんですよね。

 

一人じゃなかなか難しいかもしれない。
けど、みんなとならいける。

 

私が合唱が好きなのはこの感覚なんですよね。
合唱は一人でやるものじゃなくて、みんなで創りあげるものだから。

 

 

私は今回の合宿でもたぶん、

 

「え、まだまだ行けますよね?」
「そんなもんじゃないですよね?」
「もっともっと!」

 

とか言いまくってると思います(笑)

 

技術を身につけたい。
カラオケで点数を上げたい。

 

この合宿にはそういう人は向きません。
良い悪いじゃなくて、向きません。

 

だって、

 

下手くそなままでも、

カッコ悪くても、

全力で表現してる人って・・・

最高じゃねーか!

 

一緒に自分の枠っていう限界超えた、

その先の世界で響き合いたい!!

 

最高の歌を一緒に歌いましょう!!

 

 

 

コウタロー