声が変われば
人生が変わる

『あなたの声』だから感動が生まれる

4人の赤ちゃんが笑い続けると

1469 views
約 1 分
羽田です。 今日の動画は強烈です!!   内容は単に4人の赤ちゃんが笑ってるだけなんですけど・・・   頬が緩みっぱなしになる!!   本当に幸せな気分になりますね。 とりあえず見てみましょう!       さて、ひとしきり幸せな気分になったところで、 なんでこの動画を見ていると幸せな気分になるのかを 紐解いていこうと思います。   ①感情は伝播する(ミラーニューロン) ミラーニューロンってご存知でしょうか? カンタンに言えば、マネッコ神経って感じです。 これは人が何かの学習をするときに特に使われるもので、 相手を観察して、それを真似て覚えるために使われる機能です。 よく親子はよく似てる、とか 親しい友人と話しているときは同じ動きしてる、とか 言われますが、それです。 ここでは赤ちゃんが笑っているのを見たあなたは ミラーニューロンの働きで笑いの感情をコピーしたって感じです。 怒りっぽい人の近くにいると怒りっぽくなるし、 優しい人の近くに居れば優しくなるし、 歌が上手い人の中にいれば上手くなるし、 成功してる人の中にいれば成功に近づくし、 とミラーニューロンは超活用したい機能の一つですね。   ②筋肉の動きから感情が作られる あなたはとりあえず、動画を見て頬が緩んだんじゃないかなーって思います。 そのとき、笑顔の時の筋肉使いますよね? そうすると、笑顔の筋肉の動きは感情と連動してるんですね。 だから笑顔を作ると笑顔の時の感情も再生されちゃうんです。 よく、辛いときでも笑いなさいって言われたりしますが、 確かにその通りで、辛いとき、無理やりにでも笑顔を作ると 笑顔の時の感情が再生されるので、 辛さが軽減される作用があるのです。 笑顔の練習って結構大事なんですよね。     ③横隔膜と声 赤ちゃんて作り笑いできないんですよね。 笑ってるときはホント幸せそうに笑います。 子供がウソ泣きしてるか本気で泣いてるかって すぐ見破れると思うんですが、 それってなぜなのかというと。 横隔膜を使ってるかどうか なんですよ。 赤ちゃんが笑ってるとき、 お腹の動きを見てみると めっちゃみぞおちのあたりが動いてるのが分かります。 これが横隔膜と連動した声ってヤツです。 そして、そういう声にこそ人間は本能的に反応しちゃう、 というようにプログラムされてるわけです。 子供のウソ泣きは横隔膜使ってません。 口先だけです。 だから「こりゃーウソだな」ってすぐわかっちゃうんですね。 逆に言えば、 横隔膜を使った発声は感情が伝わる ってことにもなるんですね。 だからこそ、横隔膜をフル活用する方法は大事で、 それが腹式呼吸だったりするわけです。       いずれにしても、音楽は感情をいかに表現して 感動を発信し、聞いてくれたひとと共有するかが大事です。 そのために発声練習は必要ですね。 赤ちゃんの発声にはとっても大きなヒントが満載です♪     今日もお読みくださり、ありがとうございました!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly