声が変われば
人生が変わる

『あなたの声』だから感動が生まれる

コウタローの大冒険〜あわや遭難!京都愛宕神社編〜

225 views
約 1 分

きょ、今日はつ、疲れた・・・(笑)
登山と平地で15キロくらい歩きました。
雨の中!!

昨日、夜行バスで出発して、
今朝5時50分頃京都駅に着いたのですが、
そこからマジでいろいろありすぎました。

とりあえずFBでシェアしているので
そっち見た方が早いっすね。
写真もいっぱいあります。

▼サムハラ神社編

▼愛宕神社編

ぶっちゃけ言うと、
愛宕神社への登山で遭難しかけました(笑)
何だよ、あのキッツい登山道は?!

火の神様!
火のエネルギーにあやかりたい!
じゃあ行くか!

というノリで、
昼過ぎに突撃したのですが、
それがそもそも危ないという( ゚д゚ )
(昼から登るヤツはいねぇって後でおじさんに言われました)

というかですね。
今日、大雨だったんですよ。

で、

ウインドブレーカーと
カッパをダブルで着たんですけど、
足元は普通の靴だし。

で、

愛宕山のスペックが意外に強力です。

●愛宕神社は愛宕山の頂上にある
●清滝コースだと神社まで約5キロ
●高低差約900メートル
●温度差約10度

(´・∀・`)ヘー

とか思ったのが
大間違い(笑)
舐めてた。

5キロの間に900メートル
登るんですよ。

スゲー勾配なわけですね。

坂がキッツい!!
マジでキッツい!!

あんなに息を切らしたの
数年ぶりレベルです。

あああああああもう辛い・・・!!
って最初に思ったところは
16/40のところです。

半分も登ってねぇ!!
じゃあ、ここで引き返すか・・・??

否!!

それ面白くないよ!!
頂上いきたいじゃん!!

と思うわけですが、
正直少し葛藤しました。
失敗こいたーって(笑)

そんなんですが、
ところどころで一人ヒビキアワセは
やりながら登りました。

祀ってある石とか、
視界が開けた崖のところとか、
気持ちがいいですね。

モロに崖です。雨ザーザーです。

愛宕山は登山道がすでに神社の境内です。

なので、これも声の奉納の儀
ということ。

心と体と魂と声・・・
この波のリズムを揃える。
同期させる。

そして、イメージの光で一気に禊ぎ、
声として解き放つ・・・!!

上手く行くと、
神様がエコーを返してくれます。

このエコーは
物理的なエコーもありますし、
他のアクションとして
返ってくることもあります。

物理的なエコーは要は残響です。

残響がフワッと心地よく残る。
余韻が心地よいんですよね。
で、他のエコーとしては
代表的なのは

・鳥が鳴く
・風が吹く
・雨が強まる
・日が差してくる

などですね。

これは終わった途端に起きることなので、
気をつけていると気づくことができます。

こうやって自分とも自然とも
対話しながら登っていきます。

ただ、肉体的には
ひどいことになっているのですが(笑)

門からがまだ遠いのよ・・・!!

本殿に着いたときには
登山のはじめから3時間弱経っていました。

で、

だーれもいません。
そもそも登山している人が
いないんです。

普段はすごい人数で賑わっているのですが、
今日すれ違ったのはたったの2人でした。

そりゃそうだよなー。
こんな大雨の日に、こんなキツいとこ登らんわ。

愛宕神社の本殿は素晴らしかったですよ!!

すごく立派だったし、
誰もいないので、
声を奉納させていただきました。

こういうとき、
ちゃんとお断りを入れて、
OKかどうか聞く必要があります。

心の中で問いかけ
『よし』
と返ってきたらOKの合図です。

厳密ではなく、なんとなくです。
この『なんとなく』は超大事ですね。

なお、なんとなく写真撮るな
って感じだったので、
本殿では撮り(れ)ませんでした。

1箇所だけOK出ました、、、すでに疲れている・・・!!だが、まだ先が長い

そんなこんなで
神社出立が16時半。

あのですね・・・。
登ったからには
下山しないとイケないんですよ・・・。

こ・れ・が
またキッツいのよ・・・。

で、バスも本数が少ないので、
頑張って降りました。

が、

がががが・・・!!
なんか行きと違わね??

って思ったのが
出発して30分くらい経った頃??

目印にしていたお地蔵様がいない・・・。

しかも、階段とか無い。

つか、道が狭い。
それに急勾配すぎない?
すげー歩きにくい・・・。

ときどき出てくる看板見たら
『水尾』って書いてありました。

違うルートに入ってやがる・・・!!

なんでだぁーーー?!
一本道だったじゃん?!
どこで間違ったの??

けど、戻ってる場合じゃないです。
疲れMAXだし、
右膝がめちゃめちゃ痛くなってる。

そもそももう暗くなってて
足元相当見えづらい。

これ、けっこうヤバいなー( ゚д゚ )

で、まぁ登山道のひとつだし、
どうせ着くだろってことで、
ちょっと急いで降りました。

けっこう怖いんですよ〜。

かなり暗いし。
道は狭いし。
つか、横崖だし。

足元雨でズルズルだし。
携帯は電池切れそうだし( ゚д゚ )

人里に降り立ったときは
いやー、ホッとしましたね〜。

でもですね。。。
民家がですね、真っ暗なんですよ。
ぜんぜん電気着いてない。

人住んでんの?って感じです。
マジかよ〜〜〜と思いつつ、
バス停があるってんで
そこへ向かいました。

で、時刻表。

最終17時発。
いま17時40分。

ヮ(゚д゚)ォ!

マジですかー。
清滝コースだと18時過ぎまで
バスがあったのですが、、、

やべーな・・・。
タクシーでも呼ぶか?
とりあえず、誰かいないか?

探してたら明かり発見!!
で、

ガチャッと出てきた
おじいさんに事情を話したら
近くの駅まで送ってくれることになりました。

神降臨!!
ありがとうございます!!

駅まで5キロとか書いてあったので
最悪歩くこと考えましたが、
いやいや、普通に無理だし!!
真っ暗だし、
ぜんぜん舗装されてないとこあるし、
ありえねぇーー!!

って感じで、
駅に辿り着いて、
そこから電車乗り継いで、
やっとこさ宿に着きました。

いやーーーーーー、、、

⊂(^ω^)⊃ セ------フ!!

というわけで、
まぁかなり適当なんです、私(笑)
けっこう行き当たりばったり。

まぁ、最後にはナントカなるんじゃないかなー

って思っているわけですが、
今回はけっこう焦りましたね〜。

なお、おじいさんによると

・午後から登るヤツはいない
・愛宕山は難度高い(日本アルプス登山者の練習レベル)
・4日前には遭難者が出た

だそうで( ゚д゚ )
無知ってすごい。
知ってたら絶対行かなかった。

知らずに飛び込む、
知らないからこそ突っ込める。

そういうの、あるみたいです、マジで。

ということで、
今日だけで相当未知との遭遇してきました。
ホント得がたい時間でしたね〜。

 

 

なお、

愛宕神社に参拝しているときに
湧いてきた(気がした)メッセージは

『いのちを歌います!!』

でした。
私の歌のコンセプトは

Singer Song Lighter

です。

自分にも、聞いてくれる人の心にも
灯をともす歌い手です。

そして愛宕神社は火の神さまが
祀ってあるんですね。
で、参拝しているときに
胸のあたりに灯火が
ともった感覚があったんですよ。

ポッと小さな光です。
けど、たぶん、強い光。

その光を大事に育てていくこと。
光が聖火リレーのように誰かに渡り、
受け取った人もまた、
その先の誰かに火を灯していく・・・。

そんなイメージが
ぶわーっと湧いてきました。
これは、もちろん歌だけではなくて、
私は

生きること=うたうこと

と思っているので、
こういうインフルエンサー的な生き方が
私の人生のテーマなんだろうな、って思いました。

 

 

というわけで、

平日の真っ昼間から好きに動いて
遭難しかけるほどの大冒険をし、
自然の中で声を思い切り出したりしている・・・

という極めて怪しい大人になれましたので、
そういう自由な人が増えて
一緒に何かできたらいいな、と思っています。

さて!
明日の午前中は京都でのヒビキアワセです。
もし気になる人は
ぜひドタ参加でもOKですので、
一緒に声を響かせ合いませんか?
【京都ヒビキアワセ】

時間:10〜12時
場所:京都市中京区上妙覚寺町230-1
名称:士心サムライカフェ&バー
最寄駅:地下鉄烏丸御池駅(2番出口から5分)
参加費:5,000円

今日いろいろとつかんだこともあるので
それもシェアしますね。

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly