声が変われば
人生が変わる

『あなたの声』だから感動が生まれる

いのちの理由

470 views
約 1 分

すごく不思議で素敵なシンクロがありました。

先日こんな記事をアップしました。

あなたにだけ歌える歌がある
こんばんは、コウタローです。 私がつねづね思っていることがあります。 それは、 上手い歌じゃなくて、 心がこもった歌を歌いたい! ということです。 もともと自分がへたくそなことにウンザリして、 どーしても上手い人と自分を比べて、 やったら早...

この内容についてレッスン生のMさんがメッセージをくれたんです。
そのときのやり取りです。

こんばんは!Mです!

初心に戻ってこちらからメッセージを送らせていただきました。

このメルマガを読んで、、

今までコータローさんと、このような話を何十時間もしたと思うのですが、
今涙が止まりません。

今日も1日、脱力の練習をしていたのですが上手くいかず、今はもう喉が切れそうに痛くて、でもどうしても

上手く感情を乗せて歌えたあの7月のライブの時の喜びが忘れられなくて、

あの時のように歌いたいけど歌えないのが悔しくて、何度も何度も声を出し続けてしまいます。

自分の声を見失なった時、また戻ってこれるようにと書いたノートを何度も読み返しながら、もう無理なんじゃないかってついさっき思っていました。

明日になれば喉の痛みも治まっているはずです。

そうしたら今度はやっぱり、脱力にこだわらず、自分の言葉を音に乗せることをしてみようと思います。

自分の声は探さなくても、ここにあった

と、また言える日がくるまで。

Mさんとのレッスンは5月くらいから始まったのですが、
本当にたくさんのことを話したように思います。

最初のころはボイストレーニングの
やり方についてがメインだったのですが、
数回もすると流れは変わっていきました。

ほとんどは
『自分を生きるとはどういうことか?』
ということに費やしていったんです。

レッスン時間の9割くらいが

これまでの人生の振り返りだったり、
自分が何に喜び、何に哀しみ、何のために歌っているのか・・・?

そんなことを対話していました。
その過程でどんどん、見違えるように歌も変わっていったんですね。

上のメッセージをもらった後、
私はすこし時間をおこうと思って、
いったん忘れることにしていました。

そして、昨日の夜、
妻からある動画を薦められたんです。

というか、むしろ『いま観ろ』と言わんばかりに
再生しながらスマホを持ってきました。

私は「それ、いまじゃなきゃいけないの〜??」
と言ってあんまり乗り気じゃ無かったのですが、
流れのままにその動画を観ることになりました。

よくよく考えてみれば妻がそんなふうに
プッシュしてくることってすごく珍しいんですよね。

その動画をみて、
私はちょっと黙ってしまいました。

心の底の方に響いてしまったからです。

それは、さだまさしさんの
『いのちの理由』という曲に
ある方がアニメーションをつけた動画でした。

私はその夜にMさんに
こう返信しました。

こんばんは。

あのメルマガ、最初、違う内容を書いていたのですが、気づいたらあぁなっていました。
自分でもよくわかりません。

そして、今日、こんな歌に出会いました。

私が生まれてきた訳は?

Mさんにとってこの曲はどんなメッセージを運んでくるのでしょう?

 

私はそのとき大阪に向かう
夜行バスの中でした。
(いま、大阪の樟葉にいます)

それでふと夜中に目が覚めてスマホをチェックしたら
Mさんからまたメッセージが届いていました。

こんばんは。

びっくりしました。
この「いのちの理由」
実は、前にコウタローさんに話した12月にする自主企画ライブ

”ダンデライオン”

で、弾き語りするんです。

1ヶ月前に、両親に好きな曲を何曲か書き出してもらって、そのライブで両親のために歌おうということになってて。

15曲ほどある中から、私が歌うと決めた曲がこの「いのちの理由」です。

父のリクエストで、私も今回で初めてこの曲を知りました。

初めて聞いたとき、私はこの歌を歌いたいと思ったのです。

コウタローさんが添付して下さった動画のアニメーションを見て、よりこの曲に対する想いの形が見えてきたような気がします。

私の中の私が、私を守ってくれる。
私の中の私が、私が幸せになる術を知っている。
私の中の私が、私を選んだ理由がある。

私の中の私を感じて、寄り添いたい。
私の中の私と1つになりたい。

そして、それを表現したい。

いろんな偶然が重なったようで、偶然ではなく、私の中の私が選んだものだと感じました。

コウタローさん、ありがとうございます。

すごく驚きました。
こうやってMさんとの世界が重なったことに。。。

紹介したアニメーションでは、

私は私の人生を

喜ぶために
怒るために
哀しむために
楽しむために

感じ、体験するために生まれてきたと言っています。

そして、それを
『自分で選んできた』、と。

2分40秒あたりはとても印象的。

『弱い体に生まれて、誰かにたくさん助けてもらうんだ〜〜♪』
と、嬉しそうに話しているんです。

病弱で、
視力も弱くて、
運動もできなくて、
悩んでばっかりで、
ダメなところばっかりで・・・

でも、それを選んで生まれてきた、と。

本当にそうかどうかはわからないです。

だけど。

『もし、そうだとしたら??』

そう問いかけてみることに
とても意味があるんじゃないかな。

さだまさしさんの歌詞に
こうありました。

『しあわせになるために 誰もが生まれてきたんだよ』

『しあわせ』は悩みや苦しみが無くなって、
喜びだけが溢れる・・・
ということではないです。

さまざまな体験を通じて、
日々沸いてくる感覚を感じること。

自分自身を感じること。

自分を生きること・・・。

このアニメーションを制作したのは
ヤブキユミさんというアーティストです。

制作秘話がまた非常に興味深いのでぜひこちらもチェックしてみてください。

『reborn 2days アニメーション制作裏話1』
9/3・4Happyさんのバシャールシェア会「reborn 2days」で流す為のアニメーション制作ご依頼を受けつくったのがこちらのアニメーション。 re&

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly