声が変われば
人生が変わる

『あなたの声』だから感動が生まれる

NO観光!YES練習!合宿という共鳴場

318 views
約 1 分

こんばんは、コウタローです。

昨日合宿のご案内をしたのですが、
意外なほど返信があってビビりました。

あーゆー合宿ってけっこう興味あるんですね。
まぁ、私は超大好きなんですけども(笑)

さきほど、こんなメールをいただきました。
榊原さんからです。

今日いきなり横隔膜で歌うということが実践できました。
3日前くらいから、歌うときに自分で横隔膜を揺らしながら歌ったりしてたのと、
今日海外の動画で、喉声と横隔膜で歌ってるときの差を見たせいなのか
急に出来るようになって自分でもびっくりしました。

前にコウタローさんが動画で、横隔膜を使って歌うと連鎖的に泣いてしまうことがあると
言っていたのを見ていて、正直??って感じだったのですが、
歌っていた歌詞とかの関係もあってか、僕も急に本気泣きみたいのしながらも
横隔膜で歌えたことの喜びで笑っているというなかなかカオスな体験をしました(笑)

まだ声帯閉鎖が完全ではないので、この状態で声帯閉鎖を自由自在にできるように
取り組もうと思います!

イイですね〜。

横隔膜は能力開花の1つのキーワードですね。
つながった瞬間のカオス感(笑)

横隔膜と感動は密接にリンクしているので
マジでここは覚醒させたいところですね〜。

榊原さんとは合宿でもお会いできるようなので、
すげー楽しみですね。

さて、合宿ですが、
合宿のベースは学生時代ですね。
あの時は5泊6日で岩手山青年の家ってところで
まさしく監禁合宿でした。

朝から晩まで練習漬けだったんですが、
昼にカレーを食べ過ぎて、
直後の練習のボイトレで気持ち悪くなったり、

当時良くない発声で歌いまくっていて、
日に日に出せる音域が狭まっていく・・・
という展開だったり、

風呂がやたら響くので
男性が調子に乗って大声で風呂で歌ったり・・・

そんな学生のノリってのが
すごくイメージとしてあります。

社会人となっていちばん違和感だったのは
時間が無いってコトでした。

歌っていてもイロイロと気になってしまって
どうにも集中できない。

アレもやらなきゃ、これもやらなきゃ・・・とか
思っちゃうんですよね。

で、

「あ〜〜〜〜〜〜学生時代のように
 一心不乱に音楽に没頭したいぞぉぉ!!」

という想いがありました。

趣味の範囲でたま〜に
仲間を集めてやっていたのですが、
やっぱ面白いんですよね〜、合宿。

ってことで、今回の合宿も
かな〜り濃い感じになると思います。

練習会場は体育館なのですが、
ここから一歩も外に出ません(笑)

食事??

もちろん運び込みますよ(笑)

徹底的に缶詰作戦です。
2日間で15時間も練習できます。

で、なにをやるかというと、

1曲仕上げる!!

これに尽きます。

それを突き詰めて

「今の自分にできることは全部やった!!」

と言えるくらい集中して取り組んでいきます。

あなたはそれに没頭するだけ!!

そのためにできることを全部やるって感じですね。

私はそれを最大限サポートしますし、
他のメンバーと一緒に過ごすことでヤバい共鳴が起こります。

きっといま抱えている困難や課題に対して、
何かのアイデアが閃いたり、
解決策が生まれたりすると思います

それを自分の手でつかみ取れる場!!
それが、この合宿です。

いちおうやることとしては、

・課題曲のビフォーアフター録音
・発声セミナー
・ストレッチセミナー
・個人レッスン
・自主練(これがほとんどです)
・その他歌に役立つものなら何でも(瞑想とかやろうかな〜)

このくらいが決まってますが、
あとはノリですね〜。

その場にいるメンバーが超大事です。

これ、やろうかなと思っていることの1つに、

ヒビキアワセ

ってのがあります。

倍音声明みたいなもので、
まぁアリエナイレベルの高周波が出まくるんですが、
これがですね。。。

メンバーの状態によって響きが変わるんですよ。。。

最初の方でやると、同じようにやってるつもりなのに
いまいち共鳴しないんですが、
後半でやるとヤバいです。

異様な一体感が出ます。
まったく疲れませんし、
倍音でまくりですね。

で、これをやった後の歌が激変するので
意味不明に面白いです。

みたいなこともやろっかなと思っています。

歌の練習だけに集中して超レベルアップ!集中合宿のご案内

で、すでにけっこう申し込みして下さってまして、

マジでありがたいのですが、
あと数名だけのご案内になるかと思います。

つーか、密度薄くしたくないので
おのずと限界が(´Д`)

返信下さった方に申し込みページを
ご案内していますが、
もし埋まってしまった場合はゴメンナサイっ!

それでは、ありがとうございました!

コウタロー

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly