声が変われば
人生が変わる

『あなたの声』だから感動が生まれる

【自己紹介⑥】最高の一体感と感動体験

416 views
約 1 分

私は高校時代までの記憶が
ほとんどありません。

これまで何回かにわけて
私自身のお話をしてきましたが、
ほとんどあれで精一杯なのです。

そのかわり大学時代は
非常に鮮明な記憶が
残っています。

何よりも輝いていたのは
1年間の集大成として
全員で定期演奏会で作りあげた
あのステージの最中です。

一番鮮烈なのは
1998年の12月5日(土)に
行われた定期演奏会で
私が指揮をした時のことです。

4曲が連なった連作の組曲で
3曲目と4曲目の『曲間』が
強烈に焼き付いています。

『曲間』というと、
要は演奏していません。
音は鳴っていません。

でも。

その空間は光り輝いていました。
強烈な『ナニカ』に満ちていました。

私は曲間に30秒ほどかけて、
合唱団員とピアニストさんの
全員の顔をゆっくりと左から右へ
一人ずつ目を合わせていきました。

『全員が一体になっている』

そう当然のように感じました。

そして、私から見えないはずの
お客様もまた一緒に
このステージを創ってくれている
ことをヒシヒシと感じていました。

会場の全員がこの音楽を
一緒に創りあげてくれている・・・。
そんな至福感がありました。

そして、私は指揮を構えて
終曲を振りはじめました。。。

■■■

最高の一体感!

これは人生で最も追求したい
テーマの一つです。

あなたにはどんな
『人生を通じて追求したいテーマ』
があるでしょうか??

人生何年続くか分かりません。
私の大学時代の2つ上の先輩は
アメリカに出張中に事件に巻き込まれて
亡くなりました。
妻と子を残してです。

妻の実家は岩手県の陸前高田です。
東日本大震災のまっただ中で、
街は残らず流されました・・・。

最近、大きな流れの中にいるな、と
感じることが増えています。

そうしてときどき、
この言葉を思い出すのです・・・。

 

「あなたは後何年生きるつもりで
 生きているんですか?」

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly