Read Article

指揮者と合唱団の呼吸を揃える練習⑤

おはようございます。

うたう整体師のhanekohです。

指揮者と合唱団の呼吸を揃える練習シリーズ第五弾です。

(あと何回続くのかな。。。)

その四では、内側を向いて円陣を組んで歌い、仕掛け人に乗っかっていくという練習でした。

その五は、その感覚をさらに強く感じる練習方法です。

これはめっちゃ簡単です。

ひとり、円陣の中央にたってもらい、同じように歌う

これだけです。

これだけですが、真ん中の人はオモシロイ体験ですよ。

なにせ四方八方から声が聞こえてくるわけですから。

さらにしゃがんで聴いたりするともっと強烈です。

上からも音が降ってきます。

頭の中心で音がハモる感じがして不思議な感覚に見舞われます。

しかも中央にいるので、全員の息遣いが感じられるわけです。

新感覚!!

楽しいです。

あと、オモシロイのが

同じ曲でも中央に立つ人によって音色が変わる

んですよ。

中央の人の持っている存在感というか、空気というか、

そういうものが影響しているのでしょう。

こんな、円陣を組んだ合唱団の内側に客席のある演奏会とか聴いてみたいですね。

それでは、今回もお読み下さり、ありがとうございました!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

さむねいる.105
Return Top