Read Article

最初はこんなにハマるとは思いませんでした

先日、QOLHACKSというサイトで
発声について特集していただいたのですけど、
そのサイトのコンテンツを実践してくれた人から
メッセージもらいましたー。

QOLHACKで特集されました〜
QOLHACKSってメディアがあるんですよ。 知る人ぞ知る業界では 超有名人の方が起ち上げたサイトなんですが・・・。 そこで取り上げられましたー( ゚д゚ ) ▼高音が出る!声量がUPする!カラオケ上達のたった一つのコツを紹介 カラオケ上達したい! すでに練習もしてる1 けど行きづまってる・・・!! っていう、 ちょこっとガチな方を対象として、 記事を書きたいので 協力してくださいー って依頼があったので、 インタビューしたり、 新しい動画の提供をしました。 キープラスワンがベースになってまして、 土台から本格的に整えるための 方法について書いてくれてます。 で、 単なるスキルアップ目的の記事だったら こういう寄稿とかやりたくないんですけど、 今回のライターさんは違います。 大室桂太くんっていうのですが、 面白い人でね〜。 大学時代に歌に覚醒。 なぜかそこから声楽専門の 大学院を受験して合格し、 声楽家としての研鑽を積む。 なぜかそこから(笑) 情報発信の世界に目覚め、 これまでの経験をフル活用しながら ジブンシゴトで生きてます。 変人です(笑) 実は彼、 同じ大学の後輩なんです。 っていっても14?15?くらい下なので、 当時の面識はまるでありません(笑) 2012年に出身である 東北大学混声合唱団で ボイトレ研究を12日間 行ったことがあるんですが、 彼とはその時に出会いました。 当時3年生で、 バスのパートリーダーやってました。 で、彼の声を始めて聞いたときに思ったこと。 『虚弱か・・・??』 『なんだそのヘロヘロ声はーーーー??』 って(笑) 当時、私は駆け出しの整体師で、 声のコトも単なる趣味でした。 縁があり、ボイトレ研究しにいくことに なったのですが、 それは、単にオモシロそうってのと、 ヒマだったからです(笑) お客さんいないんだもん。 まぁ〜、それにしても 怒濤の12日間だったなー。 初日と最後の日を除いて 10日間の練習スケジュールは 9時〜26時 でしたね〜。 18時間(笑) とにかく入れ替わり立ち替わり人が来ては 個人レッスンしたり、 全体セミナーしたり、

 

こんばんは。コウタローさん。

いつもメルマガ、動画、ワクワクしながら見させて頂いています。

エッジボイスの動画で目から鱗です!
エッジボイスから密度のある声の境目を狙って
声を出すという説明!すごく分かりやすかったです!

エッジボイスは知っていて何故か初めから出来ていましたが、
(声が低いせいだったんですね~笑)
これが何なの?どう役に立つの?と思っていましたが、
喉のフォームを整えるのにいいとは知りませんでした!
ただ、音が鳴ればいいのかと思っていました。

あと、最近の報告です~。

ため息、ロングトーン、毎日やっています。
初めの頃は、ただやっている、何だか上手く出来ない。
これがこうで~、とか頭でごちゃごちゃ考えていましたが、
毎日続けていると不思議と、上手く出来ている時の感覚が
少しずつ分かってくるようになってきました。

息の流れや横隔膜の動き。
その日によって見えてくるものも違い
面白いです。

今日はここが力んでる。
今日は息が流れていない。
ロングトーンは何故か癖になって
やっていると気持ちがいい時があります。
(最初はこんなにハマるとは思いませんでした)

コウタローさんから、声=自分
ということに気づかせて頂きましたが、
自分と繋がっている感じがしました。

追伸 今朝TVでロバートの秋山さんが歌う
『マイクロズボラ』という歌が
紹介されていて面白いな~と思って見ていたのですが
その後に、ちゃんと?YouTubeで見たら、
あれ、これ、もしや語るように歌ってるんじゃないの~!
とか思って興奮して笑ってしまいました。

長文で失礼致しました(^-^;

まず、エッジボイスね。

これはライターの大室桂太さんから

『ぜひ入れてくれー!』

って言われたヤツです。

彼はガチの声楽科出身なので、
こいつの重要性をよく知ってる。

私は

『えっ?そんな情報まで載せちゃう?!
難しくない?』

とか思ったんですけど(笑)

実践している人ほど違いが分かるヤツですね〜。

 

 

で、このメッセージくれた方の真骨頂!!

ロングトーンにハマる!!(笑)

いいですね〜〜〜〜。

 

 

このロングトーンはコアトーニングって言って
声でやる瞑想法のようなものです。

さな&コウタローの声の厨二病トーク⑨「奥義!コアトーニング」
奥義ってネテロさんのコレですよ、これ。 前回は、さなさんがいきなりオペラ声に?!って内容でした。 横隔膜をチョチョイするだけで 声の可能性はドーンと広がりますね〜。 第1話『全てが怪しすぎて楽しすぎる(*≧

この記事ではライトに書いてますが、
すさまじいポテンシャルを持つ発声法です。
つか、奥義なんで。

これやり続けたおかげで
声の悩み消えましたからね、私(笑)
ついでに気づいたらめっちゃ上達してた。

 

 

そして、メッセージでも
うまいこと書いてくれてますが、

『自分とつながる感覚』

これですね。

この感覚は実践し続けた人だけが分かるものです。
あの忘我の感覚とか〜。

そこ掴めたのは素晴らしいなぁ〜。

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

さむねいる.105
Return Top