声が変われば
人生が変わる

『あなたの声』だから感動が生まれる

本音の願いってなに?

464 views
約 1 分

連日セミナー!
昨日はALiVeセミナーの最終日!

いやー、ものすごかったぁ〜。
人生が変わる瞬間に立ち会えるのは
本当に価値がありますね。

ガラリと表情が変わる。
姿勢が変わる。
雰囲気が変わる。

まるでエネルギー状態が違ってました。
別人のようだなぁ。

 

 

セミナーでやったことは簡単に言えば

本音を出し切ろうぜ!!

ということ。

 

 

私は体感ワークとボイスワークと
ヒビキアワセを通じて
この

『自分の肚の底からの声を出す』

ことを伝えました。

 

 

『本音』が出ると人はビックリします。

まさか自分がそんなことを
思っていたとは・・・?!

と逆に恐ろしくなるくらいです。

 

 

例えばある参加者さんは

『絵が描きたい』
って最初言ってました。

けど、出てくるのは

『お金が・・・』
『家族が・・・』
『時間が・・・』
『家事が・・・』
『○○が・・・』

というような言葉。

じゃあ・・・

その問題がすべてクリアになって
最高の環境で絵をいつまででも
描いていていいよ!!

となったらどうですか??

と質問すると

『すごくうれしいです・・・』

とつまらなそうに言うんですよ。
えっ?って感じです。

ぜんぜん楽しくなさそうだよ!!
ホントに描きたいの?

真由美さんはこういうとき
本音を引き出す質問をするプロ。

いくつかの質問を通じて
その人から湧いてきた本音の答えは

『友達が欲しい』

でした。

本人が一番ビックリしていました。

同じ価値観を共有できる
そんな友人が欲しかったんです。

たった3分ではありましたが、
色々な思い込みが解かれた瞬間でした。

 

 

もともとの悩みは

『絵をもっと描いていたいのにできない』

だったんです。

つまり、
『絵がかける環境が出来さえすれば上手くいくだろう』
と思っていたんですよね。

でも違った。
そうじゃない。

絵が思う存分描ける環境が手に入っても
きっとまた違うことで悩みます。

それは『本音の願い』じゃないから・・・。

『共に語り合える友』
『自分と響き合える人』
とのつながり。

それを育てるための一歩は何か?
それをお渡ししてその人との
ミニセッションは終了しました。

 

 

思えば、私もそうでした。

私は大学3年生の時の定期演奏会で
体験した凄まじい感動が忘れられずに
あれをまた体験したい!!

と切望して、でもできなくて
迷走していました。

そして、
その時々で違ったのですが、

『歌が上手くなったらきっと望みが叶うはず!』
と思っていたときはボイトレにハマりました。

『仕事を頑張ったら何かが変わるはず!』
と思っていたときはビジネス勉強にハマりました。

『スキルアップすれば・・・!!』
と思っていたときは自己啓発にハマりました。

『心の声が聞こえれば・・・!!』
と思っていたときはスピリチュアルにハマりました。

でも、その都度挫折してきました。

それは『本音』を置き去りにしていたからです。

 

 

ここに最強の魔法の質問があります。
それは、

『で?』

です。

「○○で悩んでるんです」
→「で?ホントはどうしたいの?」

「○○したいんです」
→「で?やればいいじゃん。」

「○○ができないんです」
→「で?ホントはどうしたいの?」

シンプルです。

 

 

で?
じゃあ、私がやりたいのは??

『生きてる!!』
『ALIVE!!』

これなんですよね。

 

 

生命力が爆発してる感覚。
魂が解放されている感じ。
命が輝いている感覚。

そんなのを体験したい!!

 

 

これが、たまたま私の場合は
『音楽』だった
ってワケです。

 

 

私は『声』を通じて
発信していますが、
それはこういう『アライブ感』を
育てるための方法の一つなんです。

ぶっちゃけ歌上手くならなくてもいいんです。
アライブ感があれば。

 

 

土曜日の発声セミナーの第3部は
まさにこれでした。

そもそもは『語るように歌う』が
テーマだったのですが、
それは早々にだいたい出来るようになっちゃった。

じゃあ、その先ですよね。

そもそも何を表現したいの?
歌うことで何を伝えたいの?
あなたのアライブって何よ?

「これはどんな場面なんですか?」
「どんな感情なんですか?」
「なに見えてるんですか?」
「なに聞こえてるんですか?」
「暑いの?寒いの?どんな感覚?」
「誰といるの?」
「自分の体験で言うといつのこと?」

 

 

最初は
「え?え?何も考えてないです・・・」とか
「イメージしてません」とか
「分からないです」とかなんです。

でも、そこを何回も繰り返す。
問いかける。

 

 

すると勝手に歌が変わってくる。
ナニカが声に乗ってくる。
エネルギーが満ちてくる。

ぜんぜん整ってないです。
ぜんぜん正確じゃないです。
ぜんぜん安定してないです。

だけど『歌が生きてる』んです。

こういうのを聞きたいんだよっ!

参加者さんが全員泣いているという
一種異様な雰囲気になってました( ゚д゚ )

濃かったなぁ。

 

 

ということで、
今回の旅でますます確信したのが

『感情解放の重要性』

です。

多くの人が本音を隠して生きてる。
命の輝きにブレーキをかけてる。

それは私もです。
まだまだ分厚い壁がある。

けど、少しずつ取っ払われてきた。
本音に近づくほど面白くなってきた。

悩みも怖さもなくならないし、
落ち込むこともあるのだけど、
人生オモシロい。

生きてる感じがある。

 

 

自分らしさと才能を発揮して生きる。
これって誰にでもできる。

ただ、
自分の感覚を大事にして
一歩踏み出す勇気があれば。

これからますます楽しみだっ!
一緒に

『本気・本音の世界で生きる』

をやってみたい人は
ぜひセミナーや合宿などで
会いに来てみてください。

本気の世界はたのしい。

 

 

 

 

今度の土日は歌に特化した合宿〜。
1泊2日で歌いつくしたい人、
富士山麓で一緒にやりましょー。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly