声が変われば
人生が変わる

『あなたの声』だから感動が生まれる

皮膚で音を感じる

560 views
約 1 分

この記事にものすごく
大切なことが書いてありました〜。

感じる皮膚・考える皮膚
表皮の多彩な機能 皮膚のいちばん外層は、常に入れ替わって角層、垢になります。ケラチノサイトという表皮細胞が作る角層は、水を通さないバリアであり、一般のイメージでも、皮膚の役割は体液が漏れ出さないようにするというものでしょ.....

ちょっと抜粋。

皮膚は耳に聴こえない2万ヘルツ以上の高波長領域の音を感じているといいます。
バリ島のガムランでは、高波長領域の音をからだに浴びせることで、人びとがトランス状態になる。
からだを覆ってしまうと、耳をあけていてもそういう変化は起きないそうです。

高波長領域がカットされたCDと高波長領域まで入ったブルーレイディスクで、山城組の『AKIRA』を聴き比べてみると、ブルーレイでは爆発音がすると瞬間的に身を引いてしまう。実際に何かが爆発したときに反射的に身を引くというのも、音だけではなく、空気振動を皮膚が感じているのかもしれません。

殺気や気配も、何かが後ろから飛んできたり、後ろで刀を振りかぶられたりしたときに、高周波が生じているということなのかもしれません。

人の可聴音域は20Hzから2万Hz。

可聴音域を超えてくると耳じゃ聞こえないけど、皮膚では音を感じてる。
その感覚を磨くと直感超感覚が目覚めてくるんだよね。

ヒビキアワセで超強力な磁場が出来るのは、
その可聴音域外の周波数に充ち満ちてるから。

肚から声出せば内側からの振動。
響いた声は外側からの振動を。

内から外からのバイブレーションに
自分のカラダとココロが共鳴する。

その心地よさは言葉にならないんだ〜。

ヒビキアワセ(最強の共鳴場!みんなの声で作るパワースポット)
ヒビキアワセは・・・ 超ヤバいです(((( ;°Д°)))) マジで何起こるか分かんない。 ドラクエの呪文で言えばパルプンテです。 やることはみんなで一緒に声を出すだけなのですが、 ここで起こる共鳴がハンパないです。 このヒビキアワセ、不思...

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly