声が変われば
人生が変わる

『あなたの声』だから感動が生まれる

厨二病ってこういうのか

551 views
約 1 分

20151111154741a66

こういう声のレッスン始めて
いっちばん最初に一緒に活動した十葉さんからのメッセージですね。
この人・・・変態です(笑)

合宿楽しそうですね!

最近、自分の感覚に素直すぎて
私は今回じゃない、って気がするので
参加は見送らせていただくのですが‥

ブログを拝見したんですよね。
こっちも、
見たくなったら見るスタイルだったんですけども。

そこで、厨二病ってこういうのか、と(笑)

で、気が視える、っていうのを見て
あぁこれ、私が視えるイメージの状態と同じだな、と。
よくお話させていただいた時に
イメージは視えるんだけど、リアルなものじゃなくて
全部透明なんですよ、って言ってたと思うんですけど
そういうのだったのかな〜?なんて思いました。

羽田さんの紋章を作らせていただいた時に視えたのも
そういう透明のものでしたよ。
透明なんだけど、色のイメージはあるんですよね。

それでね、こういうのって面白いですね。
ほんの小さなきっかけで昔の記憶が出てくる。
10代のことなんてほとんど覚えてないのに
出てくるんですよねぇ。

子どもの頃、マジックとかそういうの好きで。
テレビ見てたんですよね。

で、このカップのどこに的が入ってるでしょう、
みたいなのがやっていて。
どう見ても、ひとつのカップに
スポットライトが当たってるんですよ。
こんなの答えココですって言ってるじゃん、って。

で、あそこ光ってるよね?

って聞いたら、家族みんな、光ってないって。
でも、そこが答えだったんです。

スプーン曲げにしても、うちの家族はまぁ
こんなんこすってあったまったら曲がるやろが
みたいな感じでみんな曲がったんですけど(笑)
きっとね、子どもの頃なんてね、
みんなそんなもんだと思うんですよね。
視えるし、できるし、それが自然だし。
特別でもなんでもない。

それで、その子どもの頃のことを思い出してるんですけど
なんか、未来のことを考えてるような感覚なんですよね。

不思議だなぁ。
‥で、‥なんだっけ?w
あ、そうそう、イメージですよね、イメージ。

このイメージって、自分の感覚がとっても大切で。

自分のは合ってるだろうか、とか
自分は人と違いすぎないだろうか、とか
自分の感覚は引かれないだろうか、とか
自分は受け入れられるだろうか、とか

なんかこう、少しでも疑うと
とたんに曇ってしまうものなので

ぜひ、参加される皆さんには
自分でも「あれ?」って思っちゃうような感覚も
大切にして膨らませてほしいな、と思いました。

以上‥、

イメージと感覚で生きてるワタクシからでした(笑)

では(๑º╰╯º๑)

うーん、やっぱ変な人!!

mig

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly