声が変われば
人生が変わる

『あなたの声』だから感動が生まれる

質問してきたのにすでに答えが書いてあった件

315 views
約 1 分
6728031

コウタロー先生 初めまして 横山と申します 私も今現在 昔のコウタロー先生と全く同じ状況に陥ております 3~4年ボーカルを習っておりますが習えば習うほど下手になり難しくなり大好きな歌を今諦めかけています 恥ずかしながら 私の夢は歌手、歌い手になる事です ですが、本気でなりたいと決意したのはつい最近でした

なので身体の事も歌も発声も色々勉強してはいるのですが 自分の頭のなさ才能のなさに最近実感して諦めようかなと思っていました 質問1の解答は 私は 心のままに思いどおりに歌えるようになったとしたら 寂しさや哀しみや苦しみ、孤独さや愛しさや幸せ 自分なりに見えている自分の世界や感情を表現したいと思っています 歌手になれなかったとしても自分で作り身近な人に届けたいと思います どちらかといえば 弱さや不器用さの部分を表現したいと思っています 尊敬するアーティストさんは沢山いて色々なアーティストさんを聴いていますが 自分に近い世界観の方々は 鬼束ちひろさん 宇多田ヒカルさん JUJUさん 柴崎コウさん 中島美嘉さん globeさん DIR EN GREYさん のようなアーティストさんが好きです ですがやはり最近やっと自分のオリジナルを作りたいと思うようになりました ですがずっと習っていて指導を受けても解らなくなるばかりで成長の限界を感じていました 質問2は 1 お金 2 時間 3 労力 正直3つとも怖いですが 沢山の時間がかかりレッスンのお金がなくなり習えなくなるのが今は困ります 私のように悩んだコウタロー先生のような方が見つかり希望が持てました ありがとうございます ただまだ自分を信じられないので自分の力のなさに恐怖はあります
メルマガ読者さんからのメッセージですね。 っていうか、先生って言うのやめてくれーーー(´Д`) なんか、読んでいて『あれ、答え出てない?』って思って返事してみました。
横山さん、こんばんはー。 あ、先生やめてクダサーイ(笑) で、 ▼ 心のままに思いどおりに歌えるようになったとしたら 寂しさや哀しみや苦しみ、孤独さや愛しさや幸せ 自分なりに見えている自分の世界や感情を表現したいと思っています 歌手になれなかったとしても自分で作り身近な人に届けたいと思います どちらかといえば 弱さや不器用さの部分を表現したいと思っています ▲ ここですけど、すでに答え出てません? 『習えば習うほど下手になり難しくなり大好きな歌を今諦めかけています』 こういうのも声に乗せて歌っちゃえばいいんじゃないです? こちらの記事でも書いてますが、
ステージで一曲歌うことが今の目標?じゃ、さっさと歌っちゃおうぜーーー
質問1に関しましては、遠くまで心地良く広がる様な澄んだ声で、最初のフレーズで、見知らぬ人でも、足を止めてしまう様な、J-POPでも、クラシックでも、まるで上品な楽器の様な歌声を目指したいです。そして、人の心の栄養になる歌を歌いたいです。 何も持たずに身一つになっても、切り離せない武器と言っては、少し物騒ですが、身一つで出来る事を身に付けたいと思っております。あと、一番はやはり、どうしても歌が好きで歌が歌いたくてしょうがないという事でしょうか^^;どんなに下手と言われたって、好きなものは好きだし、どうしてもやめられなかったので、こんなに歌が好きなのだから、どうせなら上手くなりたいと自然に思いますし、こんなに歌が好きなのだから、上手くなる事が義務。くらいに思っております。 声楽を2年程続けているのですが、進歩が見られず、変なクセばかり身についているようで、不安が募る一方です。このままでは、歌が嫌いになってしまうのではないか、と、モヤモヤ考えてしまいます。どうか、一生歌が好きな自分でいられるように、お力添えをお願い致します。 将来的には、ステージで一曲歌う事が今の目標です。 メルマガでは『声の思い込み』を外して、 自分らしい声で歌うための地味な練習法が満載です。 ついでに宿題もあります(笑) まぁ、提出するかどうかはその人次第なんですけど、 けっこう熱心に送ってくれる人も多くて、 そういう人は後々で 『なんか分かりましたぁ!!』 という感じで、 勝手に意識が変わって 勝手に声が変わって 勝手に人生変わる みたいなことが起こったりしてます。 オモシロいなぁー。 で、このメッセージに対する私の返信。 いいですね! でも、 いくら勉強しても、いくら練習しても 不安が消えることはないです。 そんなときに本当に大事なのが、 自分は何で歌ってるのか? なんで歌いたいのか? ここです。 ぶっちゃけ、自分を押しとどめているのは自分しかいません。 いつだって否定してくるのは他人じゃなくて、自分。 というわけで、もし本当に人前で歌いたいなら 将来的に、、、とか言ってないで さっさと一回歌ってみるといいですよ! そしたら 『うっわ!チョーオモシレーーー!!』とか 『げぇーーー!!ホントに自分ってヘタクソやぁーーー!!!(゚◇゚)ガーン』 とかが本気で実感できます。
悩みとか不安とか、 マジ消えないっすよ。 ずっとあります。 けど、歌いたいんでしょう? だったら歌えばいい。 無理なら歌わなければいい。 横山さんだからこそ歌える歌があり、 横山さんだからこそ共鳴してくれる人がいる。 そう思いますよ〜。
自分は何で歌い始めたのかな? って思い返してみると、 別に○○だから、って言えなくて、 なんとなく? なんか楽しかったから? 気持ちよかったから? みたいな衝動のようなものしかないんですよね。 最初は!! ここにイロイロと練習したり、 知識を詰め込んだりして、 最初は肚の底からの衝動だったヤツが、 いつのまにやら頭でっかちになっていく。 そのうち、 「やっぱり自分はそんなに歌って好きじゃないのかも・・・」 「だって歌ってて苦しくなるし・・・」 とか言って、辞めちゃうパターン。     イヤイヤイヤイヤ・・・ 超絶もったいねぇ!!     いまなかなか上手くならなくてガッカリしてるとか 本当はこうやって歌いたいのに出来なくて悔しいとか そういうのって別に普通だし、 練習を積み重ねていけば、 この技術を身につければ、 高音がもっと楽に出るようになれば・・・ とか思って練習したり知識詰め込んだり しちゃったりする人多いんですが、 (つーか、自分だけど) 別にそれが出来るようになったって 悩みとか無くならんし。     悔しいとかがっかりとか、 怒りとか哀しみとかの感情を置き去りにして 「そんなんではいけない!!」とか言って 心に思いっきしフタをして、 頑張ってポジティブに考えようとする。 それってつまり、自分の中に 良い感情と悪い感情があるって思い込んでる ってコトなんですけど、 感情は感情だし、 すべて自分の中から沸いてきたもの。 ぜんぶ受け入れて、 感じきってあげたらナニカが変わる。     そしてそれが声に乗ったら それが唯一無二のあなただけの歌になっていく。 それが聴きたいなぁ〜。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly