声が変われば
人生が変わる

『あなたの声』だから感動が生まれる

歌うたいに「あるある」問題リスト

858 views
約 1 分

おはようございます。
コウタローです。

よく声についての質問をいただきます。

「高い声が出ない」とか「音色が暗い」とか
そういう声のお悩みもありますし、

「肩こりがひどいんですが、どうすればいいですか?」
のようなカラダのお悩みもあります。

私自身も合唱歴は21年にもなるのですが(遠い目・・・(笑))、
声についても悩みましたし、
身体は信じられないほどの腰痛で困りましたし、

社会人になってからは、

どうしたら合唱で感動しまくり生活ができるんだっ?!

とか悩みまくりました。

そんなわけで、いろいろな悩みや問題というのはあると思います。

今回はいちど、私が思ったことや、
これまでいろんな方々と話していて出てきた
悩みや問題を洗いざらい書いてみようと思います。

すでに解決できたモノも多数ありますし、
これからだぞ!ってものもあります。

ジャンルもいろいろごちゃまぜになってます。
では行きます!!

歌うたいに「あるある」問題リスト

・高い声が出ない
・しゃべると喉が痛くなる
・レガートで歌えない
・フォルテが出ない
・声が小さい
・跳躍音形が歌えない
・声が暗い
・音が低い
・声がこもる
・発声が気になって音楽に入り込めない
・発声のことを指摘されると腹が立つ
・発声を指摘されるんじゃないかと思って萎縮してしまう
・喉声
・アペルトと言われる
・デッケンしろって言われる
・腹式呼吸ができない
・歌っていて楽しくない
・イメージ通りに声が出ない
・自分のイメージが発声の問題で実現できない
・軟口蓋とか意味わからない
・全然上達している気がしない
・音が微妙に低くなる
・合唱団の練習がつまらない
・先生の指示がわからない
・先生の指示がいつも同じ
・練習で毎回同じことを注意される
・音取りしていても音が合わない
・前にやった練習が次回にはリセットされる
・先生の指示が発声の注意ばかり
・合唱団の練習がぬるい
・音楽的な指示があまりない
・出来てると思ってたら録音したら下手だった
・隣の人が音が違っていて歌いづらくてしょうがない
・隣の人が声がでかすぎて自分の声が聞こえない
・社会人になったら学生時代の仲間は歌やめちゃってる
・レッスンで「何でできないのかな~」って言われる
・最初から上手い人がうらやましい
・初心者がどんどん上手くなっているのに私ときたら・・・
・顎に力が入る
・舌に力が入る
・息が漏れる
・フレーズの途中で息がもたない
・メリスマが上手く歌えない
・細かい動きが歌えない
・ロングトーンとか苦手
・pで歌えない
・歌ってるとどんどん遅くなる
・歌ってるとどんどん早くなる
・歌っていると息が吸えなくなる
・すぐ疲れる
・声がもやもやする
・中低音域がスカスカする
・声が飛ばない
・声に表現がない
・ミックスボイスできない
・頭声が出せない
・柔らかい響きで歌えない
・音取りが遅い
・棒歌いになってしまう
・どうやれば自分で上手くなれるのか分からない
・自分が歌えているのかそうでないのか分からない
・曲をどうやって読み込めばいいのかわからない

今出てきたのがこのくらいでした。

分類してみると、

●自分の声の悩み
●合唱団での悩み、
●指導者についての悩み

こんな感じでしょうか。

私自身もこのような悩みを多数抱えていました。
いまは解決したものもありますし、
未解決なものもあります。

ただ、言えるのは、

解決するための行動を具体的に起こしていること

ことが以前と全く違うところですね。

これからも【感動合唱】の実現に向けて
情報発信しつつ毎日進んでいきます!

では、今回の記事はこれまでです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

みなさんが抱えている悩み・問題などありましたら
ぜひお聞かせください。
メールは必ず目を通して、一通一通返信させていただいています。

いただいた内容は
これからのコンテンツづくりに役立てて
より価値ある情報をお伝えしていきますね。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日もお読みくださり、ありがとうございました!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly