声が変われば
人生が変わる

『あなたの声』だから感動が生まれる

【音痴解消】音がずれる音痴にはふたつの種類がある

651 views
約 3 分

(これは2013年6月18日に公開した動画の記事です)

思い込みから自由になればコエは、ウタはすぐに変わる!

ということで、今回は

音痴

について音程の側面からお話していきます。

一口に音痴といっても、
いろいろな要素が絡まってくると思います。

リズム感、
テンポ感、
表現力、
雰囲気...

そんな中でも、今回は
音の高さに注目してお話しています。

音が正確であればよい、
という訳ではないですが、

気にならない程度には正確な方が
より伝わる歌になってくると思います。

ああっ!!その見せ場の音がちょっと(1/4音くらい)低い~~~~!!
ううっ!!その第三音・・・低すぎて短調になりそうだぁ~~~!!
合ってなくはない。でもず~っと微妙に低いんだよな~~~。。。

とかそういうことありませんか?
あります!!(昔の私です!!)

 

一部の民族音楽など、

声そのものに感動する、
音の高さが関係がないジャンル

そういう声での表現などであれば良いのですが、

普通にうたう上では
やはり切っても切れないのが音程なのですね。

ですので、
うたをもっともっと楽しむためにも
音程についての悩みは

さっさと解消

してしまって、
聴いていて気にならない程度のレベルを身につけ
音楽的表現に思いを馳せられるようになりたいものです。

今回の動画では、

インプット音痴とアウトプット音痴

というものをご紹介しています。

一口に音がずれると言っても、
ざっくりふたつの理由があるのですね。

動画をカンタンにまとめると

1.
耳で聴いた音を脳で判断する=インプット

2.
判断した音程をカラダを使って再現する=アウトプット

ここに不調和があると音痴になる、というわけです。

普通は1と2がミックスされていますが、
自分がどちらの方向で訓練したほうが伸びるかな、

というのは把握しておいたほうが良いと思います。

私自身はインプット音痴が大きかったので、
インプット音痴を解消するための練習を
徹底してやりました。

そしたら

10日ほどで素晴らしい成果が出た

んですよね。
ヤバいほどの変化でした。

その時に取り組んだことは
こちらの記事で解説してます〜

で、アウトプット音痴は

カラダを緩めたり、
思い込みを外したり、

こういうので解決していきます。
それは発声メール講座でやってます。
発声メール講座の登録は
ページの下の方の赤いイラストをクリックです。

 

 

というわけで、
けっこう難しいって思われそうな
音痴の解消もちゃんと方法はありますよ〜。

さ、実践してみましょ〜。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly