Read Article

やっぱり、合唱って・・・面白!!・・・【指が伸びる合唱団】

さっきまで地元でやってる女声合唱団の練習だったんですけど、全然歌い方違ぇ!
すっげー楽そうじゃん!
ヘ(゚д゚)ノ ナニコレ?!

最近マジで

『どーでもいい』とか
『テキトーに』とか
『なんか知らんけど』とかが加速してるんですが、
メンバーの声が前回の練習のときと全然違いすぎて笑いが出ちゃう。

とりあえず練習もかなり適当になってきたんですけど、
今日やったのは、まず指伸ばし(笑)

▼指伸ばしの記事はコチラ


やったことないメンバーもいたので、
とりあえず指がめっちゃ伸びるじゃんってのを体感してもらって、
意識の向けかたでカラダってめっちゃ変わるよね
ってことを腑に落としてもらう。

 

 

そのあと、準備体操で手首をフリフリしたんですけど、
このフリフリも意識の向けかたで
全身の緩み方が違いすぎるんですよ。

フリフリしてるときに体を観察してると、
なんとなーーーくですが、

どっか詰まってるような、
滞ってるような、、、
エネルギーが欲しいような、、、

そんな感じがするところがあるんですけど、
そこが手首だと思って(手首=エネルギー欲しいところ)、
とにかく手首をプラプラユルユルすればするほど、
その場所が変化していってるのを感じる

『変化していってるのを感じる』
っていう言葉自体が潜在意識に話しかける言葉遣いです。
つまり、変化している『前提』で物事を捉えてみるって実験ですね。

これだけでマジで全身調整できちゃう。
めっちゃ緩むわコレ。

で、実際に歌うときもこの感覚を応用して、
とにかく『なんとな〜く』を大事にしてテキトーに歌っちゃう。

頑張らない〜
テキトーに声出す〜
下り坂を自転車で下るときみたい
たま〜に漕ぎたいときに漕ぐだけ

声を出しているとなんとな〜く
詰まってるような感じがするところが
あったりするんですけど、

そこが緩んでエネルギーがスッと通ってくれる体勢とか動きとか音量とか、、、
なんかそういう感覚があるんで、そういう流れに乗っちゃうだけ。

 

 

とにかく逆らうのやめて、
メンバーと一緒に作った波に乗っかる。
どこかに楽に乗っかれる波が必ずあるから、そこを感じる。

自分のなんとな〜くを信じて声を出す。

そしたらホント全然違ぇ!!
めっちゃ楽そうだし、ハーモニーは決まるし、音楽は息づいてるし。
超気持ちいい〜〜〜〜♪

 

 

声を出すことにぜんぜん頑張ってないから、
曲や歌詞からのイメージがホント豊かになりますね。

自発的に調和感覚で歌う能力も目覚めるし、
やっぱり、合唱って・・・面白!!・・・

img_1
一人じゃなかなか到達できない領域に、
みんなとだったらあっさり行ける。
これが合唱の醍醐味だよね。

こういう感覚の人たちが集まって
響きを合わせるときの共鳴はホントすごい。
さらに最近の感覚だと、そこに至福感が生まれてきてる。
なんかいいなぁ〜。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

さむねいる.105
Return Top