Read Article

【感想】絶大な効果に驚いています。

20130329224640aad

おはようございます。
コウタローです。

 

先日、こんなメッセージをいただきました。

———-

はじめまして。


私はこの7月からイタリアオペラの合唱団に入ったのですが
少し疲れているだけで、高音がまったくでなくなる
だけでなく、声がまったく響かなくなります。
23日に初舞台が迫っていて、どうすればいいのか
悩んでいたところ、こちらの動画に出会い、
効果の高さに感動いたしました。

 

拝見した動画は
耳の下の凝りをほぐすと高音が出る、と
後頭部の凝りをほぐすと高音が出る
という内容のものです。

 

偶然見つけた動画で、ダメ元でちょっと試しただけだったのですが、
一瞬で効果が現れたのでビックリしました。
これで初舞台を乗り越えられそうです。
ありがとうございます。

初舞台の成果は改めてご報告したいと思います。

———-

 

そう!
カラダと声の状態というのは、
めちゃめちゃ関連しているしているんですよね。
なにせ

 

声を出す=全身筋肉運動

 

なのです。

 

見ていただいた動画はこの2つです。

 



 

 



 

 

この方は、おそらく肩こりをもともとお持ちだったのだと思います。
だから疲れると首や頭にコリが波及して、
喉周りに多く存在する声帯筋群や
胸部にある呼吸筋群の動きが大きく阻害される。

 

それで高音が出しにくくなったワケです。
みなさんも寝違えたりすると声が出しづらくなる経験って
あるかもしれませんが、それと同じです。

 

しゃべるくらいだったら、あんまり影響ないかも知れませんが、
歌うというのは細かな調整を常に行う、
非常に高度な運動機能なので、
こういった体調の変化、というのがモロに表れてしまうのですね。

 

 

この方からは、
後日、またメールをいただきました。

 

———-

おかげさまで初舞台は満足のいく仕上がりと なりました。
プロのソプラノ歌手のバックコーラスをさせてもらえるなんて
夢のような体験でした。

羽田さまのブログや動画を楽しみにしています。
ありがとうございました。

———-

 

というわけで、良い初舞台が迎えられたそうです。
とても嬉しいですね。

 

肩こり腰痛を解消することは
歌う人にとっては必須!だと思います。

 

だって、凝ったカラダで歌っているということは、
ブレーキを踏みながら車を運転するようなもので、
自分のポテンシャルを発揮しきれていない状態なんです。
自分の身体のケアは、感動を生む声の大切な要素の一つですよ!

 

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

さむねいる.105
Return Top