Read Article

生命の誕生には問答無用の感動がある

おはようございます。

コウタローです。

 

人は生まれてきて、いつかは死ぬ。
そんな当たり前のことを思い出させてくれる動画があります。



 

日常、死のことを考えている人は少ないですし、
自分がどこから来たのか、どのように来たのか?
そんなことを考えることも少ないと思います。

 

しかし、いまの自分はいきなり出現したのではないですよね。
でも、どこからやってきたのかは分かりません。

 

私の一番幼いころの記憶は、
最初に住んでいた家のベッドの上に居たものです。
黄色っぽいようなカバーがしてあったのを覚えています。

 

でも、その時に誰かがいたのかとか、
何をしていたのかとか、
そういうことは何も覚えていません。

 

いあっまで生きてきた中でも、
鮮明に覚えている記憶というものは、
意外に少ないのではないかなと思います。

 

しかし、人はどこかからか生まれて、
いつか死ぬ、というのは事実のようです。

 

そして、生命の誕生と死に際しては、
特に人は感情を揺り動かされる、というのも
事実のようですね。

 

紹介した動画は私に深い感動をもたらしました。
驚きなのは、この動画には

 

全く情緒も感情も何もなく、
ただ事実をありのままに表現しているだけ

 

であることです。

 

何かをつけたしたり、
何かを誇張したり、
感情を加えたり

 

そういうことを一切行わずに、
ただ事実のみを淡々と伝えることが
深い感動をもたらしているのです。

 

この映像の前では、
ポテチでもつまみながら
ダラッとしながら視ることはできないと思います。

 

もしできるとしたらそれは
かなり感動力が麻痺していると思います。

 

思わず姿勢が正され、
人の誕生と死に畏怖の念を覚え、
何かが自分の中から湧き上がってくる・・・

 

こういう感覚を磨き、
自分の精神性を高めていくことが
自分の感動の純度を引きあげ、
音楽で感動を創出するための
バックボーンとなっていくと思います。

 

本当に素晴らしい動画です。
ありがとうございました。

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

さむねいる.105
Return Top