Read Article

♪ ワインの余韻とはこうやって感じるのか ♪

♪ ワインの余韻とはこうやって感じるのか ♪





昨晩、広尾にてオマーン大使館でのサマーナイトに参加。


そのあと、2次会といことで


KENZO ESTATE


というところへワインを飲みに行きました。


 


http://tr.kenzoestate.jp/hiroo/


 


 


えっと、わたしは下戸です(笑)


家には料理酒しかありません。


お酒をたしなむ習慣はゼロ!!


 


 


なので、こういうお店には普段だったら


ゼッタイ行かないのですが、


さすがのメンバーのみなさんに連れられて


ワインの試飲としゃれ込んできました(笑)


 


  


で、あさつゆ、というシリーズのワインを飲んだのですが・・・


 


「あれ・・・美味しい・・・」


 


美味しいんですよ。


あらーーーーー・・・・。


いくつかのワインを飲み比べたりして、


舌に残る感じとか鼻にフワッと抜ける香りとか・・・。


 


 


いままで、ワインが美味しいな~~~って


思ったことは『皆無』だったんですが、


なにが違ったんだろう???


って思いました。


 


 


で、いくつか要因があると思いました。


 


 


①空間


やはり、静かで上質な空間ってのは違いますね。


場が整っていると感覚がスッとしますね。





神社の隣で工事現場の音がガガガガッってやってたら


ぜんぜん参拝している気にならないのと一緒です。





味は雰囲気込みなんですね~。


 


 


②メンバー


ワインの上質なたしなみ方を体現している方が腹数人いる、


というのはデカいですね。





ワインをグルグル回す仕草とかは知ってましたが、


じゃあ何でグルグルやってるの?


「そんなんで味変わるのかよ~~~」とか


思っていましたが、その理由とかを知ったり、


実際に味が変わるのを体感すると認識が刷新!って感じです。


 


 


③余韻


これが一番でしたが、今回一番オモシロいな~~~と思ったのは


『余韻の感じ方』です。





「余韻が良いね~」とか言ってるのを聞いて、


「どーゆーこっちゃ?」と思ったのですが、


話を聞いてみると


 


 


「飲んだ後に身体の中から湧いてくる香りを感じる」


 


 


という言葉を聞いてさっそく試行。


で、ついつい呼吸とか考えてしまうのがわたしですが(笑)


こうやりました。


 


 


ワインを飲み込んだら





●軽いあくびをかみ殺した時のような状態にする


●ものすごくゆっくり息を鼻から流す


 


息を早く流してしまったり、


止めてしまうとダメでした。


 


これで鼻の奥でただよっているワインの香りの粒子が


感じられました。


 


 


 


これが余韻として、ふわ~~~~っと残るんです。


 


 


 


あら。


音楽の味わい方と一緒ですネ♪


 


 


 


『音楽は音が鳴り出す前から始まり、


 鳴り終わってからも続き、


 かすかに残った余韻が消え去った時にはじめて


 カラダに染み渡って終わる』





そんな風に感じているのですが、


今回のワインでも同じことが言えるんだなぁ~~~って


感じました。


奥深いですね~~。


 


 


 


というわけで、非常に上質な時間を


体験させていただきました。





みなさま、ありがとうございました!


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

さむねいる.105
Return Top