Read Article

 写真を通じて家族を幸せにする 

 写真を通じて家族を幸せにする 





先日、ひまわりフェスティバルで喜多 栄治さんに撮影していただいた写真が届いた。





「う、美しいぃ~~~~」





今までの自分が撮っていた写真とはなんだったのか、と瞬間自問自答したくらいです(笑)





ピーカンだった当日、実に黒くて(色が)明るい笑顔で迎えて下さったのが喜多さんでした。





うちは6人家族でまぁかなり大所帯なので、いちいち歩みが遅いというか、子供たちが謎の動きをするのでてんやわんやだったのですが、そこを上手くノセつつ写真を撮って下さいました。





その写真が今日届いて「あ~そういえばあのとき・・・」なんて話が咲くわけです。


これってホント素晴らしいことですよね。





一枚の写真の背後に誰にでもオンリーワンのストーリーがある。





これらの写真をたとえば数十年後に見たとき、私はすごく暖かい気持ちになると思う。


間違えて娘の結婚式とか謎イベントが発生したら・・・うん、それはちょっと置いておこうかな(笑)





一枚の写真。


そのときの五感と感情がよみがえる。





「なんて素晴らしいんでしょ!!」





喜多さん、ありがとうございました!


最高のプレゼントになりました~~。


母にも焼いてわたそうと思います。


こうやって、一枚の写真に込められた想いは伝播していくのですね。





喜多さんのFBページはこちら!


全国各地で撮影会を実施しているそうですよ!





https://www.facebook.com/Joyfulworks.page


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

さむねいる.105
Return Top