Read Article

形を変えて繰り返される美しい世界



作曲者はディートリッヒ・ブクステフーデという
バロック時代(17世紀あたり)に活躍した人です。

音楽の父とも言われる若きころのJ.S.バッハが
うん百キロも旅をして会いに行って教えを請うたという
エピソードがあります。

オルガンの巨匠でもあって、
バッハにも多大なる影響を及ぼしたんですよね〜。
確かに共通の世界観を感じるんですよね〜。
超カッコいいです。

 

 

で、冒頭の曲は

作品番号BuxWV38
“Herr, wenn ich nur dich hab.”

って曲なんですが、
私、これ、めちゃめちゃ好きなんですよ。

 

 

昔、エマカークビーさんという天使か?
っていうような声を持つソプラノ歌手の演奏を聴いて
その美しい世界にやられました。

聞けば聞くほど染みこんでくるんですよね〜〜〜〜

 

 

で、なんでこうも気持ちよくなる感じで
聴けるのかなぁって思ってたんですが、
これ、実は和音進行に秘密があるんですね。

良く聞くとこの曲、

最初から最後まで
ず〜〜〜〜〜〜っと和音進行が同じ

なんですよ。

G → D → Em → Bm → C → D
▲                   ▼
D ← C ← Bm ← Em ← D ← G

もう、ず〜〜〜〜っとこれ。

こういうの循環和音っていうんですが、
これ、めっちゃ好きなんだよな〜。

めちゃくちゃ単純な和音進行なのに、
少しずつ形を変えては絡み合う旋律が
例えようのない浮遊感を生んでいます。

 

 

こういう曲は本当に柔らかい表現で
丁寧に繊細に歌いたいと思う。

とにかくず〜〜〜〜っと流れていてほしい。

だから、超簡単そうに歌う必要があるし、
相当高度なスキルも要求されると思う。

高音も低音まで全部の音域を
柔らかくて、でも明瞭な音色で歌いたいし、
長いフレーズもどこまでも伸びていくような感じで、
歌詞が混んでいるところもブレスで途切れないようにしたい。

 

 

アレ・・・?

 

 

めちゃめちゃ難しいやんけ!!!
(((( ;°Д°))))

 

 

難しさを察知されたら負けっすね〜(´Д`)

あ〜、でも好き。
練習してみっぞ!!

 

 

あ、なお、こういうクラシック系の曲は
こちらのサイトでけっこう無料配布されてたりします。

この曲もありました。


 

これ、めちゃめちゃスゲーことで、
15年くらい前だったらこの曲とかも
ぜんっぜん見つからなかったんです。

歌いたくても楽譜がない。

場合によっては
ドイツから船便で取り寄せたりしましたからね〜。

すげー時代になったもんです。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

さむねいる.105
Return Top