コウタロー発声セミナー@東京

第1部:ベルヌーイ発声法

第2部:高音低音覚醒

第3部:語るように歌う

第1部:ベルヌーイ発声法

日時:8月12日(土)10時〜12時

 

息を流すだけで勝手に声が出ちゃう?!

 

え?!こんなに楽でいいのか?!

ってくらいに声の出し方そのものが変わる。

 

そんなセミナーです。

 

上手い人にアドバイスを求めたら

 

『え、フツーに息流せば出るよ』

『何もしてないけど?』

『もっと力抜けばいーじゃん』

 

とか言われて

 

ってなった人にオススメ(笑)

 

声そのものの出し方がキモ!

 

オペラやゴスペルやセミナー講師やアナウンサーなど

ジャンルは一切関係ありませんよ〜。

 

一生使える技術です。

 

 

ベルヌーイ発声法の詳細はこちらへ → http://hanekoh.com/coda/bell 

 

 

第2部:高音低音覚醒

日時:8月12日(土)14時〜16時

 

ハリのある高音を楽に出したいという人は多いですよね。

実はそのために必要なのが低音の地声!

 

また、艶のある地声を出したいという人も多いですよね。

そのために必要なのが高音の裏声!

 

地声と裏声は別々に使うのではなく、

同時に使うと声の能力が覚醒します!

 

んで、地声と裏声って声の出方がぜんっぜん違うんですよ。

そこごっちゃにしないで、

いったん別々に使えるようにすると

声の成長がめちゃめちゃ早くなるんですよね。

 

 

当日は声を出さないでもトレーニングできる

特殊な方法を伝授しますー。

 

第3部:語るように歌う(カタリウタ)

日時:8月12日(土)18時〜20時

 

話すように歌うってのは

飾ること無い普段通りの自分の声で歌うってこと。

 

だからこそダイレクトに自分の感情が乗り、

それが伝わるんです。

 

そしてカタリウタは発声的なメリットも大。

・力まず楽に声が出る

・音程が安定する

・息が長く持つ

・声がよく通る・・・

 

この歌い方をマスターしたことで

私自身も歌い方がガラリと変わって

より自分を自然に表現できるようになりました。

 

 

普段の話し声がそのまま歌になる・・・。

そんな歌を一緒に歌いましょう〜♪

 

参加申込

どの回で参加してもOK!

複数回参加は割引ありですので、この機会にどうぞー。

 

1回参加:15,000円

2回参加:25,000円

全日参加:30,000円

 

1回参加の方はこちら

 

2回参加の方はこちら

 

全日参加の方はこちら

 

 

 

参加者さんからのメッセージ

ASHES合唱合宿でお世話になりましたKです。

この度は東京のセミナーに申し込みをさせて頂きました。

 

合宿の後いろいろな気づきがあり、個人レッスンを受けたくなって、スカイプにするか、直接富士吉田町でのレッスンにするか迷っていましたが
東京セミナーを開催して頂けて、良かったです。

 

以前ため息発声法の練習をやっていましたが、

なかなかしんどく感じてしばらくやってはやめる、をくり返していましたが、
合宿の後、ため息発声はこういうものかもしれない、という気付きがあり、
以前のベルヌーイ発声のスカイプセミナー音声をもう一度聞いて、模索しながらやっています。

 

静かに仰向けになってため息を吐いたとき、

息が声に変わる瞬間、声帯の振動を感じた時、
何か、すごく感動しました。

 

声を出している、ではなく、勝手に出ている、

という感覚が確かにあって、このことか!と思いました。
(でも、直立すると呼吸が浅くなったり、まだ固さが残ってうまくいきませんが。)

 

また、今回の東京セミナーの裏声についてとても興味があります。

 

「裏声」というと高音の発声、

高音というとのどが絞まるという感覚が

体に根づいてしまっていて苦手意識が強くあるため、

 

今回のため息発声で、地声が出る時に声帯の振動、

自分の体の意識を味わって感動した時のように、
裏声を脱力して楽に発声できることを発見できるのだろうか、という気持ちがあります。

 

それに、裏声って何?別の言い方をすれば、

何のために裏声があるのか?
裏声の心地良さとか幸福感のようなものは何なのか?

 

うたをうたう際に歌声をより良くするため、

高音を出しやすくするためとかいう発声法の機能的なことではなくて、
もっと本能的なことです。

 

たとえば、地声が強くなると、自己確信が深まるような気が私はしました。

 

何か、発見という感動を体感できたら、

またはその源、素を持って変えることができたらいいなと思っています。

 

宜しくお願いします。<(_ _)>

 ベルヌーイで歌うには?

セミナーでは、まず単音でベルヌーイ発声を体感していきます。

ロングトーンで無駄な力が一切入っていない、理想の声帯振動を体得していきましょう。

 

これの体得への道が人によってかなり異なります。

カラダを緩めるのが必要な人もいるし、

地声を覚醒させた方が速い人もいるし、

ぜんぜん声にならないレベルのため息声を徹底した方がよい人もいます。

 

個人指導の時間がありますので、一人一人、それぞれの状況に対応していきますね。

 

単音でのベルヌーイ発声に慣れ、

音を滑らかに変える方法に慣れ、

そしたらもう歌えますよ〜。

 

 

裏声について

裏声は地声とはまったく構造が異なる声の出し方なんです。

使ってる筋肉が全然違う。

 

裏声はかなり奥が深くて、音程を滑らかに変化させたり、

高音や低音発声を覚醒させるのにも関係しています。

 

何より、声に艶が出ます。

裏声が意識的に使えるようになることで

声の質はガラリと変わりますね。

 

で、これも要は筋肉ですので、

場所と使い方が分かるとすごく習得が早いです。

 

裏声に関係する筋肉の覚醒のさせ方、

日々の練習の仕方、

日常会話の中で使える裏声の筋トレ、

またまた、裏声が持つ精神的な意味。。。

 

その他いろいろと使えるモノを持ち帰っていただきますね〜〜。

 

 

こんにちは。Nと申します。メルマガ毎日拝読しております。

 

宗教曲中心に合唱団でソプラノを歌っていますが、

高音は詰まり、低音は裏返り、がんばってる割に声が届いてない、

練習後はなぜか声が枯れている、

 

という悩みがずっとありました。

 

本番は正しい音程が出ているかどうかばかりが気になり、

「音楽表現」からは程遠いありさまで、いつも残念に思っていました。

 

今年からメルマガを購読させて頂いていますが、

一度生でセミナーを受けてみたいなあと思っていたところにこのチャンス!

 

場違いかも、とドキドキしつつ今回飛びこんでみます。
どうぞよろしくお願いします。

 

 歌いまくっていたのに声帯が運動不足?

高音が詰まる、低音が裏返る、声量がない、声が枯れる・・・。

こういうタイプの方で一番多いのは『地声が鳴ってない』ケースです。

 

実は、私自身がもともと全くこれと同じことに悩んでいたのですが、

あれだけ歌っていたにもかかわらず、

私は地声を鳴らすことが全然できていませんでした。

 

声楽や合唱の世界で良く言われる

『地声で歌うな』『生声になるな』『背中を回して』など。。。

私もたくさん言われましたし、実践しました。

 

しかし、、、

私自身、そしてこれまで様々な人と培ってきた経験では、

タブーとされてきたような声を出すことによって

ブレイクスルーが起きている人がとても多くいるのも事実です。

 

今回のセミナーでは『地声』をキッチリ鳴らす練習をします。

もしかしたら、面食らう人もいるかもしれません。

 

それは『喉が痛くなる』からです。

 

『地声』を覚醒していく過程でぶち当たるのがこの『痛み』です。

私も喉が痛くなるので『この発声は間違いではないか?』と懐疑的でした。

 

しかし、続けてみて分かったのはこれは『単なる筋肉痛だった』ということ。

声帯は筋肉なのです。

私の地声を鳴らす筋肉は『運動不足』だったのですね。

 

意外なことに『私の地声筋は虚弱』でした。

あれだけ歌っていたにもかかわらず・・・。

 

今では悩んでいた症状は全て無くなりました。

この立役者が『地声』です。

 

セミナー当日は、ベルヌーイも高音低音覚醒もカタリウタも

すべて『地声覚醒』に関連したワークを行います。

 

自分の声の変化を楽しみにしていて下さいね〜。

 

 

 

1回参加の方はこちら

 

2回参加の方はこちら

 

全日参加の方はこちら

 

それでは、当日お会いするのを楽しみにしていますね〜♪